野村克也の捕手に向けたすばらしい7つの名言集と波乱万丈な人生!



もりもりです。
野村克也(野村監督)さんは、現役時代は、ささやき戦術から「ささやきの野村」と呼ばれていました。

その後、ヤクルトの監督に就任してからは、今度は「ボヤキの野村」になり、楽天の監督退任直後に、「ぼやき」が新語・流行語大賞のトップテンに選ばれています。

良くも悪くも、止まらないぼやき節には、すっごく楽しませてもらいましたね、

しかし、ぼやきだけでなく、数々の名言も残されています。

今日は野村克也さんの経歴と有名な野村名言集から野球の捕手対しての名言をピックアップしました。

スポンサーリンク


野村監督の経歴

野村克也
生年月日 : 1935年6月29日
血液型 : B型
出身地 : 京都府
身長・体重 : 175cm/85kg

野村克也さんは、1935年に現在の京都府京丹後市に生まれます。

家は貧しくて、貧乏生活から抜け出したいために、お金になる職業として歌手や俳優を目指していたそうですが、中学2年生のときに野球部に入部してから野球選手としての実力が注目されるようになります。

当時の日本では、家族のために高校進学をあきらめ、中学卒業して働くこともよくあったんでしょうね。

野村さんも、卒業後は母から働くように言われますが、兄が大学受験を断念したことで高校に進学することができたのです。

高校に進学しますが、野球部は大変弱かったので、野球選手として目立つことがなかったようです。

しかし野球部顧問がプロ球団の監督に推薦状を送ってくれたことがきっかけとなり、「1954年に南海にテスト生として入団」します。

プロ野球選手としての人生が始まるのです。

一年目は、試合出場がほとんどなく、9試合に出場しただけで、11打数無安打。
ぜんぜん結果を残すことが出来ず、戦力外通告を受けます。

しかし、正捕手らの事故等により捕手不足となり残留することになります。

もし正捕手らの事故等がなく、このとき退団していたら、野村克也のぼやき、名言を知ることもなく野球人生は終わっていたかも知れませんね。

美空ひばりさんの歌のように、人生って不思議なものですね。

そして、3年目の1956年、一軍に抜擢され正捕手に定着。

打撃不振に陥った際、『バッティングの科学』という本の「投手は球種によりモーション時にクセを見せる」という言葉に出会い、その後、投手のクセを研究し、打撃力が格段に向上するのです。

楽天

最新! バッティングの科学 (洋泉社MOOK)

攻略できなかった稲尾和久投手には、16ミリカメラでフォームを撮影し研究。ID野球の基礎となる。

1957年に本塁打王のタイトルを獲得。以降、毎年のようにタイトルを獲得し、1965年には戦後初の三冠王に輝きました。

しかし同時期にセ・リーグで活躍していた巨人の長嶋茂雄や王貞治に比べて世間からの注目は少なく、後に「花の中にだってヒマワリもあれば、人目につかない所でひっそりと咲く月見草もある」とコメントし、「月見草」が野村の代名詞となったのでした。

1968年からコーチ兼任となる。1970年には監督と選手を兼任するプレーイングマネージャーとして4番打者、捕手、監督の三つの重責をひとりで担うことになる。

監督兼任となってからも打棒は健在で、1970年シーズンは42本塁打、通算2000本安打を達成。1972年には打点王を獲得。監督としても1973年にリーグ優勝を果たします。

1978年にロッテへ選手として移籍。1979年から西武へ。1980年、前人未到の3,000試合出場を達成。同年45歳にて引退する。

スポンサーリンク


捕手に向けた名言集

・配球に困った時は原点に返る。
・キャッチャーは「捕手」と書くが、私は、投手を助け、足りないところを補う「補手」だと思っている。
・捕手はグラウンドにおける監督である。
・日本シリーズは捕手のためにある。
・捕手に大切なのは、目配り、気配り、思いやり。
・優勝チームに名捕手あり。
・投手は「打てるもんなら打ってみろ、絶対抑えてやる」というプラス思考がいい。
・配球に困った時は原点に返る。
投球の原点は外角低めの直球。
打者から一番遠く、ここにしっかり投げられれば、長打を浴びることは少ない。
監督の時は捕手に「困ったら原点に投げさせろ」と指示していたそうです。
・キャッチャーは「捕手」と書くが、私は、投手を助け、足りないところを補う「補手」だと思っている。
捕手は投手を助ける「補手」でなければならないと思う。
投手を立て、助け、良さを引き出し、足りないところを補う。
何も考えずに、投手の投げる球をうけているだけでは、ただの「捕り手」でしかない。
やはり捕手は、「補い手」でないといけない。
・捕手はグラウンドにおける監督である。
捕手は扇の要と称され、一人だけファウルグラウンドで守り、他の選手と逆の方向を向いてプレーしている。
守っている時は、全てのサインを出し、試合を動かす。
自分のサインで勝敗が決してしまうこともあるのだから責任は重大。
グラウンドでは、監督以上のことをやっていると言ってもいい。
・日本シリーズは捕手のためにある。
経験するとガラッと変わる。
日本シリーズを経験した捕手は大きく成長する。
たった1球で戦況が変わってしまうこともあり、無責任なことはできない。
1球の重要性を思い知らされる。
ヤクルトの古田敦也も大舞台を経験するたびに成長し、日本一の捕手と認められるようになった。
・捕手に大切なのは、目配り、気配り、思いやり。
捕手は、分析力、観察力、洞察力、記憶力、判断力、この5つの要素を鍛えることが大事だ。
レギュラーになるためには、少なくとも分析力、観察力は欠かせない。
これに洞察力が加われば、一流と言っていい。
捕手は女房役と呼ばれるように、投手に対する思いやりも必要だ。
日常生活でも目配りや気配りができないようでは、いい捕手にはなれない。
・優勝チームに名捕手あり。
かつては「優勝チームに名投手あり」だったが、今の野球は「名捕手」がいなければ強いチームにはならない。
捕手のレギュラーが固まれば、チーム作りの半分はできたようなもの。
捕手の重要性はどんどん高まっている。
・投手は「打てるもんなら打ってみろ、絶対抑えてやる」というプラス思考がいい。
捕手は危機管理のマイナス思考。
プラスとマイナスだからバッテリーと言われるのだ。
投手は開き直って思いっきり投げ込むプラス思考、捕手は「打たれない為にはどうするべきか」を冷静に考え投手をリードするマイナス思考がいい。
だからプラスとマイナスで、バテリーと例えられるのだ。

出典元:野村克也 100の言葉

まとめ

ぼやきだけが目立ち過ぎた、野村さんですが、再生工場と言われた手腕はたいしたものです。

球団から戦力外通告された選手を、活躍させるのですからね。

今日も読んでくれてありがとうございました。

スポンサーリンク

アバター

投稿者: mirai

もりもりです。 出身地:長崎県 愛妻、子供、愛猫一匹。 健康や芸能、雑学ブログを書いています。 宇宙や超能力など、 不思議なことが大好き! お金はないけど、 ちょっとの幸せを感じながら、 平凡な毎日を送っています。 これからもよろしくお願いします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください