小出恵介が4年ぶりのドラマ主題! 酒癖50とはどのようなドラマなのか役柄は?

もりもりです。

俳優の小出恵介 「 1984年2月20日(37歳)」さんが、4年ぶりのドラマ復帰です。

小出さんは、未成年女性と飲酒したうえに、この女性と不適切な関係を持ったとして、2017年6月に無期限活動停止になっていました。

人気のある俳優さんで、数多くドラマや映画に出演していたころなので、ショックを受けた人も多いんじゃないでしょうか。

それから、約4年ぶりのドラマ出演です。

連続ドラマ「酒癖50(フィフティ)」

脚本は、『M 愛すべき人がいて』『奪い愛、夏』など、ヒット作品を次々に生み出す、鈴木おさむ(49)さんのオリジナル脚本です。

ABEMA SPECIALにて7月15日より毎週木曜22時配信されます。

・ドラマのあらすじと役柄

・「酒癖50(フィフティ)」1話あらすじ

・小出恵介 のドラマ復帰へのコメント

・小林勇貴監督のコメント

・脚本・鈴木おさむさんのコメント

について記事にしました。



スポンサーリンク


ドラマのあらすじと役柄

「酒癖50(フィフティ)」は、酒によってあぶり出される人間の本当の弱さや愚かさ、現代社会の闇を描くオリジナルドラマです。

監督は、ドラマ『スカム』(MBS・TBS系)にてギャラクシー賞を受賞したほか、映画『全員死刑』を手掛けるなど、人間の本性を映し出す生々しい描写が注目を集める小林勇貴。

役柄・・・

酒癖の悪い人間に更正プログラムを提供する会社に勤める謎多き主人公・酒野聖(さけの・せい)

あらすじ・・・

Hate Alcohol Firmに務める酒野聖(さけのせい)は、とある企業の社長の依頼を受けて「Hate Alcoholプログラム」を開講することになります。

お酒の力を借りて一気飲みの強要、酒乱、無礼講などを行う“酒癖の悪い50人”の社員を集め、彼らに“とあるビデオ”を見せることで、過度な飲酒の恐ろしさを理解してもらうというプログラムです。

しかし、酒癖の悪い参加者は、プログラム受講後も懲りることなくお酒を大量に飲み続ける。

そんな彼らに降りかかる、誰もが予想できなかった衝撃の結末が待っていたのです。
どんな結末が彼らをむかええていたのでしょうか……?

「酒癖50」1話あらすじ

とある企業に務める青田(浅香航大)は、営業部実績ナンバー1の“デキる”社員。自分が出来る事は他人も出来ると、後輩にも自分と同じ努力をするように激を飛ばします。
その態度を“パワハラ”だと上司にとがめられるが、青田はそんなことおかまいなし。
クライアントとの会食では部下にシャンパンの一気飲みを強要するのが日常茶飯事になっていた。
そんな青田は、ある日、人事部主催の講義に呼ばれ、講師であるヘイトアルコールファームの酒野聖(小出恵介)から“この会社で酒癖の悪い50人”であると告げられるのです。
その日は酒の一気飲みの危険性についての講義がなされ、心当たりのあった青田は前日の飲み会を思い出す。

※パワハラ上司
現実的に、このようなパワハラ上司はたくさんいるでしょうね。
そんな上司の下で働く部下はたまったもんじゃないです!
私が以前働いていた会社にも、このようなパワハラに近い上司がいました。
毎日仕事に行くのが嫌で嫌でたまらなかったです。
そんな上司が休みの日は天国でしたね。
このような上司はいなくなってほしいです。

スポンサーリンク


小出恵介のドラマ復帰へのコメント

4年ぶりのドラマ復帰に「努力しないとパフォーマンスに(影響が)出ると思っていたので、しっかりと準備して臨みました。4年という時間がハードルに感じたこともありましたが、『挑戦』の気持ちで全てをさらけ出す気概で挑みました」。自らも過ちを招いた「お酒」を題材にした作品とあって「自分をインスパイア(鼓舞)するものもあり、受け入れて向き合うことで、より大きな意味で挑戦、成長したいという覚悟を持って臨みました。人生、生きていて、きれいごとだけじゃない。自分の体を通して学んだし、経験したからこそ表現に昇華できる機会をもらえたのは大変ありがたかったです」。

小林勇貴監督のコメント

「過激」を履き違えた時代錯誤な日本のエンタメ作品にはもうウンザリだ!そんな声が聞こえてきます。全くの同意見です。 誰も言ってほしくない事を無理に言うのが「過激」なのではなく、誰かが言って欲しいことを代わりに叫ぶのが本当の「過激」だと思います。この作品では、社会や人が個人に対して犯してしまう行為をどう描くか?悩みに悩んでエンターテイメントにしました。 私の「過激」が、どうか楽しんでもらえますように。

 

脚本・鈴木おさむさんのコメント

今回のドラマはABEMA以外では絶対に作ることの出来ないドラマだと思っています。 全6話。日本の連続ドラマではあまり見たことない、とんでもないバッドエンドの話が続きます。 主演を小出君がやっている意味がかなりあると思っていますし、小出君じゃなければ作れない物語になっているはずです。ぜひ見ていただきたい、オンリー1ドラマです。

まとめ

無期限活動停止になる前の小出恵介 さんと、復帰後の演技がどのように変わったのかが見てみたいですね。

悲しいかな、人は人気が出てくるようになると、売れなかった頃のことを忘れ、天狗になってしまいやすいのですね。

しかし、反省する気持ちがあり、それを行動に移せば理解が得られると思います。

今日も読んでくれてありがとうございました。

スポンサーリンク

投稿者: もりもり

もりもりです。 愛妻、子供、愛猫一匹。 宇宙や超能力など、未知で不思議なことが大好きです。 気になった情報を発信しています。 どうぞ読んでくださいね。 日本ブログ村に参加しています。 お気に入りのブログがあればポチっとクリックお願いしますね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください