大豆にはどのような栄養素が含まれているの?

冬に向けての体力づくりのためには、
栄養たっぷりの大豆はすごく良いですよ!

大豆の語源は「大いなる豆」だといわれています。

おそらく昔の人は大豆の持つ力を
知っていたのでしょうね。

健康づくりにのために大豆を役立てては
いかがでしょう。

それでは、
大豆どんな栄養を持っているのか
記事でお教えしますね。

たんぱく質

筋肉や内蔵などの構成成分であるたんぱく質が、
100g中に約35gと農作物の中でも
トップクラス。

しかも、

たんぱく質を構成するアミノ酸のうち、
体内で合成できない必須アミノ酸のバランスも高く、
肉にもおとらぬ良質のたんぱく質を豊富にもつことから
大豆は「畑の肉」と呼ばれています。


不飽和脂肪酸

大豆には100g中に約19gの脂質が含まれています。

大豆の脂質の特徴は、
その多くが肉などの脂質と違って、
血液中のコレステロール値を下げる
不飽和脂肪酸であることです。

中でも、
悪玉コレステロールを減らし、
善玉コレステロールを増やす働きをするリノール酸が
その半分以上を占めています。

レシチン

大豆に含まれる脂質で最近特に、
注目されているのがレシチンです。


生体膜の重要な成分で、
血中コレステロールを肝臓に運び、
体外への排泄を促してくれます。

また、
脳の情報伝達や記憶に欠かせない
物質であることもわかっています。

今後、
さらに認知症に対する予防への応用が
検討されるでしょうね。

大豆オリゴ糖

大豆には糖質の一種、オリゴ糖が含まれています。

大豆オリゴ糖は消化分解されることなく、
そのまま大腸に行き着きます。

そこで、
善玉菌のエサとなり善玉菌を増やし、
お腹の調子を整えてくれます。

甘さ度が砂糖の砂糖の約70%もあり、低
カロリーであることも大豆オリゴ糖の特徴ですね。


大豆イソフラボン

ポリフェノールの一種、
大豆イソフラボンは女性ホルモンと似た働きをし、
骨のカルシウムが溶け出すのを防いでくれます。

ビタミンB

大豆はエネルギー代謝を助けたり、
脳や神経、皮膚などを健康に
保つビタミンB群を豊富に含んでいます。

大豆サポニン

大豆を茹でたときに出てくる泡の成分がサポニンです。

強い抗酸化作用があり、
動脈硬化の原因となる
過酸化脂質の生成を抑制します。

食物繊維

食物繊維というとゴボウを思い浮かべますが、
100g中のゴボウの食物繊維量約6gに対し、
大豆はそのおよそ3倍の約17gもあるのです。

ミネラル

健康な骨や丈夫な歯をつくるカルシウム、
細胞の正常な活動をサポートするカリウムなどの
ミネラルも豊富です。

まとめ

大豆には、
体に欠かせない栄養素がたっぷりと含まれています。

お酒を飲まれる方は、
おつまみに最適ではないでしょうか。

健康維持のためには
毎日、取りたい野菜ですね。

冷凍した食材を簡単に解凍できる!さらに美味しく食べる方法!

meat-327983_960_720
もろもりです。

冷凍食材を解凍させるのって
むずかしくないですか!

氷過ぎて、
なかなか解凍出来ないってことって
ありますよね。

今では、
美味しい名産物が
電話一本で取り寄せることができます。

それは、
とれたてを急速冷凍し、
おいしさを閉じ込めて送られて来るからなのです。

でも届けられた冷凍の名産物が、
思ったほどではなかったってことないですか!

もしかしたら解凍に失敗したのかな?

冷凍食材の解凍は本当に難しいですね。

なぜ家庭では失敗しやすいのでしょうか!

もっと簡単に解凍させる方法はないのかを調べてみました。
“冷凍した食材を簡単に解凍できる!さらに美味しく食べる方法!” の続きを読む