骨粗しょう症は30代からはじまっている!その原因と3つの予防法を紹介!

もりもりもりです。

今日は骨粗しょう症についてです。
骨粗しょう症という病気は
年を取るとなりやすい病気です。
しかし、
私は若いから大丈夫だとはいえません。

骨粗しょう症は、
30代という年齢でもなるのです。

40代にもなると10人に1人が骨粗しょう症になっています。
なっていなくても予備軍だというのです。

なぜ、
若くても骨粗しょう症になるのか!

その原因と予防法を記事内でお教えしますね。

スポンサーリンク


骨密度の低下は何歳からはじまるのか!

43歳Aさん
子どもの頃から健康で
大きな病気はなし.

A さん
カルシウムやビタミンミネラル、
栄養バランスもバッチリ!.

A さん
毎日の運動も欠かさない.

Aさん
ところが検査で骨粗しょう症と
言われた.


食事も運動もバッチリなのに骨粗しょう症になる!

骨粗しょう症は高齢者の病気というイメージが強いですが、
実はそうではないのです。

 

昔、和歌山県で骨密度の大規模な調査があり、
結果は30歳代、40歳代でも骨粗しょう症や予備軍が
少なくなかったそうです。

想像以上に早くから始まっているんです。

 

骨がスカスカになりやすいタイプは?

中高生を対象に行われた骨密度に影響する
要因を調べた研究によると
骨密度に最も影響する要因は「やせ型」だったのです。

やせている人は、
体重による骨への負荷が少ないため、
骨密度が高まりにくいからなんです。

 

また、
脂肪が少ないので、
骨を強くする女性ホルモンの分泌も
少なくなる傾向があるのです。

 

先ほど、
43歳で骨粗しょう症と言われたAさんは
やせ型で骨密度が低くなりやすい
タイプだったのです。

骨密度は20歳前後をピークに徐々に低下していくのです。

スポンサーリンク


骨がスカスカになると全身が老化する!

近年、マウスなどの研究により
「骨の老化が全身の老化につながる」
そうです。

 

骨の中には多数の「骨細胞」があります。

 

骨細胞は骨にかかる衝撃や負荷を感知すると
全身の臓器を活性化させる物質が分泌されず
免疫力の低下や動脈硬化の促進などといった、
「老化」現象を招くのです。

骨粗しょう症の原因と症状

 

骨粗しょう症予防する3つの方法を紹介します!

⓵カルシウムの摂取・・・

1日に必要とする「カルシウム」は700ミリグラムです。

 

700mgを摂取するには、
牛乳コップ3杯で約636㎖、豆腐2丁約580g、
イワシ10尾538gが必要になります。

 

⓶骨に刺激を与える・・・

骨に刺激を与えるには、
週に2〜3回大きくジャンプを10回行う。


 

大きなジャンプ10回を週に2〜3回行うと
骨に負荷がかかり骨密度アップに役立つのです。

 

体力に自信がなく、
ジャンプなんか出来ないという人は、
4階ぐらいの階段の上り下りをするだけでも
効果があります。

 

⓷ビタミンDの合成・・・

1日15〜30分間、日光を浴びる。

日光を浴びるとカルシウムの吸収を高める
ビタミンDが合成される。

 

日光を体全身に浴びる必要はありません。

手のひら程度の面積でも良いのです。

まとめ

若くても骨粗しょう症になるとは
知らなかったです。

若いからと安心しているとダメなんですね。

こつ骨粗しょう症にならないためには、
骨密度を高めることが大切なんです。

今日も読んでくれてありがとうございました。

この記事も読んでね!


なぜ、女性の方が長生きするのか!

スポンサーリンク