アジアインフルエンザとは!大きな被害をもたらした過去のインフルエンザ!



もりもりです。

アジアインフルエンザ!

1957年から1958年にかけて世界的に流行したインフルエンザです。

過去には幾度となく人類へ大きな被害をもたらしたインフルエンザがありますが国内においては、「アジアかぜ」と呼ばれた1957年の被害が一番大きかったそうです。

アジアインフルエンザは、パンデミック(流行が短期間に世界的に拡大し、多数の人々が年齢を問わず感染する状態)により国内においてもっとも大きな被害を出しています。

今回は

・アジアインフルエンザとは

・インフルエンザは3類型

・大きな被害をもたらした過去のインフルエンザ

について記事にしました。

“アジアインフルエンザとは!大きな被害をもたらした過去のインフルエンザ!” の続きを読む