大豆にはどのような栄養素が含まれているの?

冬に向けての体力づくりのためには、
栄養たっぷりの大豆はすごく良いですよ!

大豆の語源は「大いなる豆」だといわれています。

おそらく昔の人は大豆の持つ力を
知っていたのでしょうね。

健康づくりにのために大豆を役立てては
いかがでしょう。

それでは、
大豆どんな栄養を持っているのか
記事でお教えしますね。

たんぱく質

筋肉や内蔵などの構成成分であるたんぱく質が、
100g中に約35gと農作物の中でも
トップクラス。

しかも、

たんぱく質を構成するアミノ酸のうち、
体内で合成できない必須アミノ酸のバランスも高く、
肉にもおとらぬ良質のたんぱく質を豊富にもつことから
大豆は「畑の肉」と呼ばれています。


不飽和脂肪酸

大豆には100g中に約19gの脂質が含まれています。

大豆の脂質の特徴は、
その多くが肉などの脂質と違って、
血液中のコレステロール値を下げる
不飽和脂肪酸であることです。

中でも、
悪玉コレステロールを減らし、
善玉コレステロールを増やす働きをするリノール酸が
その半分以上を占めています。

レシチン

大豆に含まれる脂質で最近特に、
注目されているのがレシチンです。


生体膜の重要な成分で、
血中コレステロールを肝臓に運び、
体外への排泄を促してくれます。

また、
脳の情報伝達や記憶に欠かせない
物質であることもわかっています。

今後、
さらに認知症に対する予防への応用が
検討されるでしょうね。

大豆オリゴ糖

大豆には糖質の一種、オリゴ糖が含まれています。

大豆オリゴ糖は消化分解されることなく、
そのまま大腸に行き着きます。

そこで、
善玉菌のエサとなり善玉菌を増やし、
お腹の調子を整えてくれます。

甘さ度が砂糖の砂糖の約70%もあり、低
カロリーであることも大豆オリゴ糖の特徴ですね。


大豆イソフラボン

ポリフェノールの一種、
大豆イソフラボンは女性ホルモンと似た働きをし、
骨のカルシウムが溶け出すのを防いでくれます。

ビタミンB

大豆はエネルギー代謝を助けたり、
脳や神経、皮膚などを健康に
保つビタミンB群を豊富に含んでいます。

大豆サポニン

大豆を茹でたときに出てくる泡の成分がサポニンです。

強い抗酸化作用があり、
動脈硬化の原因となる
過酸化脂質の生成を抑制します。

食物繊維

食物繊維というとゴボウを思い浮かべますが、
100g中のゴボウの食物繊維量約6gに対し、
大豆はそのおよそ3倍の約17gもあるのです。

ミネラル

健康な骨や丈夫な歯をつくるカルシウム、
細胞の正常な活動をサポートするカリウムなどの
ミネラルも豊富です。

まとめ

大豆には、
体に欠かせない栄養素がたっぷりと含まれています。

お酒を飲まれる方は、
おつまみに最適ではないでしょうか。

健康維持のためには
毎日、取りたい野菜ですね。

スプラウト新芽野菜のがん予防効果の正体は

IMG_1705
最近、話題になっている、ブロッコリースプラウト以外にも、

いろいろな名前の新芽野菜を見かけるようになりました。

スプラウトはがんの予防にも効果があるそうですね。

その、がん予防の正体とは?

スプラウトとは新芽野菜のことです
 

カイワレ大根は昔から、なじみがありますが、最近は、初めて見る新芽野菜が

売られるようになりました。

「スプラウト」とは、新芽のことですが、動詞になると「発芽する、芽ぶく」

という意味で使われます。

 

ビタミンやミネラルが豊富で、がん予防に対しての研究も進んでいます。

スプラウトの食材としての歴史は以外に古くて、中国のモヤシをはじめ、

ヨーロッパではヴィクトリア朝時代から食べられていたという記録も

あるそうです。

 

日本においても、カイワレ大根は平安時代には高級野菜として珍重されて

いたようです。

スプラウトの代表的なものには、カイワレ大根、ブロッコリー、マスタード、

レッドキャベツ、クレスなどがあります。

 
スルフォラファンにはがん予防の効果がある
 

ブロッコリースプラウトなどに含まれているスルフォラファンは、

がん予防効果が期待されている成分です。

スルフォラファンは、食物が外敵からの攻撃に備えているものです。

虫にとっては毒になるのです。

 

スルフォラファンが細胞に吸収され、活性酸素を発生させると、体に解毒用

の酵素が大量に作られます。

その結果、体ががんに対して抵抗力の高い状態になるのです。

がんへのワクチン効果のようなものです。

 

このスルフォラファンは、植物に含まれる化学物質で、「ファイトケミカル」

とも呼ばれています。

あの有名な、ポリフェノールもその一つです。

ポリフェノールは渋みやえぐみですが、スルフォラファンは辛みとなります。

その量は種に最も多く、発芽後は減ってきます。

食べやすさと量を考えるとスプラウトで取るのが最も効率が良いです。

スルフォラファンとビタミンCのダブル効果
 

発芽後に増加する、ビタミンCでダブル効果があります。

スプラウトになると、スルフォラファンの量は種のときに比べ、30分の1に

減ってしまいますが、逆に増える成分もあります。

それが、ビタミンCです。

ビタミンCは、食物が太陽に含まれる紫外線の害から身を守るために

作り出されます。

そのためスプラウトは、ビタミンCをたっぷり含んでいるのです。

これを食べるとスルフォラファンとビタミンCの、2つのがん予防効果

を得ることができます。

スルフォラファンが細胞の内側に発生する活性酵素を撃退し、ビタミンCは

細胞の外側の活性酸素を片づけてくれます。

この2つのがん予防効果を持つ成分を一緒に取れることがスプラウトの

最大の魅力です。

食べる量は、一般的な目安として3日に1パックぐらいです。

 
スプラウトの洗い方
 

種の殻をきれいに取り除くのって、すごくめんどうですよね。

そこで、簡単にきれいにできる方法です。

1.根元のスポンジを持って逆さにします。

そして、ボウルに張った水に浸します。

水の中で、何度か上下させ、種の殻を振り落とします。

2.スプラウトのスポンジの部分を切り落とし、葉の部分を持ち、

水を張ったボウルにつけて、振り払いをします。

ブロッコリースプラウトの成分スルフォラファンの効果がすごい

IMG_1702IMG_1703
栄養価が高くて、人気の野菜ブロッコリースプラウトです。

見た目は、カイワレ大根に似ています。

でも少し芽の長さが短い、それがブロッコリースプラウトです。

ブロッコリースプラウトってどういう意味なのでしょうか。

そして、どんな効能・効果があるのでしょうか?



ブロッコリースプラウトって日本語ではなんて読むの

日本語に訳すと「ブロッコリーの新芽」になります。

スプラウトというのは特定の作物を発芽させた新芽のことをいいます。

たとえば、「もやし」「カイワレ大根」などのようなものですね。

店に置かれている名前を見ると、ブロッコリースプラウトやブロッコリーの新芽と書かれています。

どちらも同じ物です。

いろんな野菜のスプラウトがありますので、間違えないように気をつけてくださいね。

ブロッコリースプラウトです。見た目はカイワレ大根みたいですね。

IMG_1702IMG_1703
ブロッコリースプラウト

 スルフォラファンって

ブロッコリースプラウトにはスルフォラファンというファイトケミカルが含まれています。

たんぱく質やビタミンといった6大栄養素と同じくらいに重要である「第七の栄養素」(ファイトケミカル)が含まれていて、体の健康を維持するためには大切な成分です。

効能は肥満メタボ予防によるダイエット効果、抗酸化作用による老化防止、抗がん作用によるがん予防、花粉症抑制作用、ピロリ菌の除去、中にははげ防止にも効果があるというのも聞いたことがあります。

とにかく効能はたくさんあり、体には良いものっていうのは分かると思います。



どんな食べ方が良いの

食べるのは、3日に1度だけで十分に効果・効能は期待できます。

食べ方はとくに難しくはないです。

手間をかけずに、ドレッシングなどをかけて、そのままで食べるのが一番いいと思います。

そして、よく噛んで食べましょう。

よく噛んで食べることで、スルフォラファンの吸収率もアップします。

スーパーの店頭に並んでいる物はパックに入っていますので、出荷する前に一度、洗われていますので、そのままでも美味しく食べれますが、少し気になる人はボウルに水をはりスプラウトを浸して、軽く洗うと良いと思います。

食べる量はスーパーなどでは、パックに入って売られていますので、1パックを1回で、それを3日に1回で食べるようにすれば良いと思います。

まとめ

ずっと続けることで、効果・効能が期待できますのでそして、健康のためと思って食べましょう。

育てるのがお好きな方は、ホームセンターで100円ぐらいでタネを売っていますので育ててみてはいかかでしょうか。