シミ対策は紫外線の少ない秋から冬にはじめるのが効果的

stock-photo-beautiful-portrait-of-the-girl-52645024
女性の悩みのひとつに加齢によるシミではないでしょうか!

年を取るにしたがいシミが増えるのは仕方のないことですよね。

しかし女性にとって、シミはすごく気になる悩みですね。

朝も夜も、たっぷりと時間をかけてスキンケアしても防ぐことができないのがシミです。

しかし最近は女性だけでなく、若い男性もスキンケアには熱心ですよね。

ほとんどの人が、シミ対策でもっとも力を入れているのは紫外線によるシミ対策だと思います。

紫外線を浴び続けていると、肌を守るためにメラノサイトで作られているメラニン色素が皮膚にたまり、シミになってしまうのです。

「美白」化粧品の多くは、このタイプのシミをターゲットにしています。

そこで、あなたが今まで時間とお金と手間ををかけていたスキンケアが逆効果だったとしたら?

あなたのスキンケアがシミを作っていたかも知れないとしたら?

どうしますか?

そんなシミについての原因や対策についてのお話です。

季節に関係なくできる、紫外線以外が原因のシミがある

シミといえば紫外線です。

だから太陽の強い光にさえ注意すれば大丈夫と考える人は多いようです。

30代以上のシミが気になる女性は日焼け止めクリーム、美白クリームなど、ほとんどの人は紫外線への対策を行っていると思います。

そこで、ある実験データの結果です。

30代から50代の女性10人の肌を最新の分析装置で診断すると、10人中9人が皮膚の奥に赤いシミができていたそうです。

この赤いシミは紫外線以外の原因でできたもので、一般のシミと一緒に赤いシミができている人はかなり多いらしいです。

メラニン色素が皮膚にたまってできるシミの色は褐色から茶色が一般的なはずです。

では、なぜ赤いシミができていたのでしょうか?

皮膚をこすることが原因で、できる「肝斑」というシミなのです。


肝斑(かんぱん)というシミはどんなものなの?

皮膚をこすることが原因で、できるのが「「肝斑」というシミです。

赤いシミができている人に聞いてみると、洗顔から就寝前のマッサージまで、念入りに行っているそうです。

しかし、こうしたスキンケアにこそ、赤いシミができる原因があるのです。

赤いシミは皮膚を強くこすったためにできたもので「肝斑(かんぱん)」と呼ばれています。

洗顔やマッサージなどで皮膚を強くこすり、細胞が傷つくと、血管が広がって炎症が起きます。

すると白血球が出てきて傷ついた細胞を除去するが、同時に人体に有害な活性酸素が発生してしまいます。

このときメラノサイトがメラニン色素を放出します。

実は、メラニン色素は紫外線を防ぐだけではなく、活性酸素を無害化する働きがあります。

つまり、皮膚をこすり続けることで慢性的な炎症が起き、メラニン色素がたまった状態が肝斑なのです。

洗顔やメイクのときに、皮膚をこすらない

皮膚をこするこすることが原因で肌にどのような変化が起きるのでしょうか?

肌にファンデーションを塗り、石けんでゴシゴシこすって落とすことを続けてみます。

2週間で皮膚の奥に肝斑の原因となる炎症が起きてきます。

肝斑は圧倒的に女性に多いシミですが、これはメイクやメイク落としでひんぱんに肌をこするのに加え、女性ホルモンが

肝斑を濃くするためだと考えられています。

日焼け止めクリームや美白剤は効果がないそうです。

改善するには、炎症を起こさないようにします。

こすらないようにすれば、いいのです。

秋から冬の治療は効果が高く、春から夏は治療効果が落ちる

炎症が起きていると皮膚のメラノサイトが増大し、紫外線の影響を受けやすい状態になります。

そのため、紫外線の強い春から夏にかけて、治療をしてもメラニンが盛んに生成されているため、効果が出にくいです。

逆に秋から冬にかけての治療は、高い効果が期待できます。


効果のあったシミ対策

① 石けんはなんでも良いですが、泡だてネットや泡だてボールを使います。

② Tゾーンと呼ばれる、おでこ、鼻筋のラインから乗せていきます。

③ 手のひらで顔に乗せた泡のクッションでパフパフするようにポンピングします。
顔に手が触れないように注意をする。

④ 顔全体で2~3分ぐらいです。

⑤目じりと小鼻は洗いにくいので、指でなぞるように落とします。

まとめ

何においてでもですが、知識が少ないと、力を入れたり念入りにすることが効果があると勘違いすることが多いですね。

正しいスキンケアで美肌を目指しましょう。

更年期障害の症状は?原因は?どのような治療法があるのでしょうか

stock-photo-woman-with-hot-flush-181675298
更年期障害はすごくつらいですよね。

そんなつらい更年期障害ですが個人差はありますが、すべての女性が通らなければならないつらい道です。

40代、50代で体の不調が長く続くときは更年期障害を疑ってみるのも必要かもしれません。

50歳前後の女性を突如襲う体の変化は。「更年期」という体の変化です。

更年期障害の症状は?原因は?どのような治療法があるのでしょうか?

更年期障害の症状は?

更年期に伴って、心身に表れるさまざまな症状を総称し、更年期障害と呼んでいます。

その症状には個人差があり、すべてを症状を挙げるのは難しいようです。

更年期障害の主な症状としては頭痛やめまい・耳鳴り・発汗・どうき・肩こり・ほてり・冷え・憂うつ・疲労感・イライラ・不眠などです。

これらの症状は本人以外には理解しづらく、他の人から見れば何となく具合が悪いみたいで、片付けられそうで言いにくい症状のものばかりです。

そして、自覚症状をあまり感じない人や、日常生活において支障をきたすほど重症の人もいます。

こうした個人差があるだけに、自分だけが泣きごとは言えないと、つらい症状を我慢して乗り切ろうとしてしまうのだと思います。


更年期障害を引き起こす原因は?

エストロゲンの減少が更年期障害を引き起こす原因なのです。

更年期を迎えると卵巣機能が減退し、女性ホルモンが減少し始めます。

なかでも更年期障害のさまざまな症状を引き起こすカギとなっているのがエストロゲンです。

エストロゲンは妊娠や出産をコントロールするホルモンですが、それ以外にも重要な働きをすることが最近の研究で明らかにされています。

たとえば、LDLコレステロールを減らす、脳の血流を良くする。

骨密度の維持など、生殖のみならず、血管、神経、骨など女性の体全体を守ってくれる重要なホルモンです。

これほど重要な働きをしているエストロゲンが減り始めるのは体にとって一大事。

そのため、エストロゲンの分泌を監視している視床下部が混乱し、更年期障害のさまざまな症状を引き起こすと考えられています。


更年期障害の治療法は?

エストロゲンを補充し、急激な減少を抑える。

妊娠、出産以外にも重要な働きを持ち、あらゆる面で女性の体を守ってくれているのがエストロゲン。

大切なエストロゲンが減少してくると、体を維持するさまざまな機能に影響を及ぼしてきます。

しかも、減少したエストロゲンは自力で増やすことはできません。

そこで行われるのが更年期障害の治療のひとつ「ホルモン補充療法」ですが、欧米では広く普及していて、更年期障害の治療法の中心となっています。

ところが、日本での普及率は2%にすぎないようです。

それは「副作用があるらしい」「子宮がんや乳がんになる」「自然に反する」などの不安を抱いているからだそうです。

まとめ

更年期障害は女性にとってすごくつらい症状です。

更年期障害を少しでも楽になるように、副作用がなく安全性が高い治療法が早く発見できるといいですね。

牛乳ってメリットばかりなのでしょうか?デメリットはないの?

cow-234835_960_720
牛乳には、少し臭いや味にくせがあり、好きな人や嫌いな人に分かれる飲み物のひとつだと思います。

小学校のときには、良く先生から牛乳はカルシウムが多くて、栄養も豊富なので嫌いでも飲むようにっていわれたことはないでしょうか?

たしかに、牛乳はカルシウムが豊富ですし、栄養素も高いと思います。

ほぼ、完全栄養食品に近いようにも思えますね!

すごく牛乳ってメリットばかりのような気もしますが、実際にはデメリットもあるようです。

牛乳のデメリットは?

牛乳にはアレルギー反応を起こす体質の人もいます。

体質にもよりますが、乳糖不耐性で腸の乳糖を分解・消化するラクターゼという酵素が不足している人はお腹がキュルキュルして痛くなったりします。

そんな、お腹がキュルキュルとなった経験をされた人は多いのではないでしょうか?

牛乳に対しアレルギー反応を起こす人もいます。

この乳糖を分解・消化する働きは離乳の期間、乳児のときは活発に働いてはいるんですが、離乳期間になってくると年々働きが弱くなってくるそうです。

あらゆる哺乳類に見られる現象だそうです。

体が必要としている時期には良いですが、大人になり、成長が止まっても必要なのかなって疑問がわきますよね。


牛乳は子牛を育てるために適した栄養素である

牛乳って子牛を育てるために、もっとも適した栄養素で子牛にとって吸収されやすくなっているのです。

人間でも同じように赤ちゃんを育てるために赤ちゃんに適した栄養素という母乳がありますね。

自然界には、あらゆる物が、それぞれに合ったように出来ているような気がします。

牛も人間もある時期を過ぎると乳が出なくなる

牛の場合は人間と違い、長年の工夫により搾乳をすることで乳牛として改良されています。

そのため、ずっと乳が出るようになっているのです。

搾乳を止めると、自然の原理で子牛が乳を飲まなくなると乳は自然に止まるようです。

あまり深く考えたことはないですが、子牛が乳を必要としなくなれば、子牛と母牛は引き離されるわけですよね。

人間の場合に置き換えると、これってすごく悲しいことですよね。


牛乳は本当に体に良いの?

今まで、牛乳は飲めば体に良いと思っていましたが、ある研究論文によりますと、牛乳を1日に3杯以上飲む女性は、1日に1杯未満の女性と比べると、死亡率が90%高くなるそうです。

そして股関節部の骨折が60%多く、骨折全般では15%多かったそうです。

この研究論文が正しければ、牛乳を飲めば飲むほど体内のカルシウムが排泄されるということになります。

まとめ

ほとんどの、生き物には恐怖や痛みはあると思っています。

私たち人間は、知能の高い生き物だから、知能が低い生き物のだからというだけで区別をしています。

たとえば、ある団体においては、そのような理由だけで、知能が高い生き物を捕獲するのは残虐で、知能の低い生き物の捕獲に対し反対していません。

本当にそんな理由を基準にして良いのかなって不思議に思います。

例えば、私たちが日頃から食してる、牛や豚やとりにも恐怖や痛みや感情はあると思います。

それを考えると、命のめぐみに感謝していかなければならないですね!

枕があっていないと肩こり、腰の痛みなどの原因になる

fresh-791695_960_720
安眠のためには自分に合った枕がとても重要ですね!

そんなことは分かってはいるという人もいるでしょうが、つい、使いなれたものでいいかなってなっていませんか?

しかし、よく眠れない、肩がこる、腰が痛いと気になっている人は原因は枕にあるのかもしれません?

睡眠時に頭を支える枕は、古くからあらゆる文化、地域で使われてきたようです。

それが、証拠に多くの遺跡から出土しています。

枕は、単に習慣として用いてきたのではなく、首の骨を支える重要な役割があるのは古くからわかっていて、

快適な睡眠の重要なアイテムだと考えられていたようですね!

枕が合っていないと、首の筋肉や神経に無理がかかり、肩こりや腕のしびれなどが起きるようになります。

枕が合わない人の悩みは?首の角度は何度が良いの?

枕が合わない人の悩みは?

枕が合わない人の悩みは、1位が肩こり、2位が不眠、3位が頭痛だそうです。

寝起きが悪い、朝起きると肩が凝っている・・・こんな症状で悩む人のなかには、枕が合っていないことが原因の場合があります。

ある例で、10年間ほど起床時の首や肩、腰の痛みと片頭痛に悩まされてきたAさん、枕を替えてみたが一向に改善しないという。

Aさんの就寝中の様子を観察すると何度も枕に頭をのせ直したり、枕があるのに腕枕をしたり、頻繁に目を覚ましている。

そこで、整形外科医の診察を受けたところ、片頭痛と思われた症状は首の頭痛ともいえる「大後頭神経痛」で、就寝中、首がよい角度になっていないことが原因だったそうです。

頸椎の間には椎間板があり、骨のすき間からは神経が頭、肩、腕などに伸びています。

睡眠中の首の角度が良くないと筋肉が緊張して神経を圧迫し、大後頭神経痛や肩こり、腕のしびれの原因となるのです。


首の角度=15度が頸椎と椎間板に無理な力をかけない

合わない枕で、悩む患者を見てきた整形外科医師の研究では、快眠できる首の「いい角度」はおよそ15度。

この角度になるように枕を調整すれば、ほぼどんな体型の人でも就寝時に起きる肩こりや頭痛、腰痛といった症状を改善できることが多いといいます。

そこで、枕の高さで首の角度を変えたときの椎間板にかかる力をコンピューターで計算してみます。

その結果、枕が高かったり、低かったりして首の角度が15度からわずかに上下するだけでも、椎間板が押しつぶされたり、引き伸ばされたりして変形していることが分かったそうです。

レントゲンで撮ってみると、首の角度がおよそ15度のとき、頸椎はほぼまっすぐ、いい眠りを誘う首の「いい角度」とは、およそ15度なのです。

体の一か所だけを圧迫したり、体温で蒸れたりするのを防ぐ

理想の枕を知るため、寝返りと睡眠な関係も調べて見ました。

2人の女性に、それぞれが最も寝やすい理想的な寝姿そのままの形のベッドを作り、理想の姿で寝てもらいます。

形は決まっているので、寝返りは打ちにくいのすが、最も寝やすい姿で、一晩中寝ることができる理想のベッドと思われた。

ところが、このベッドを使った2人の感想は「背骨が重い」「肩がこってだるい」など、快適とはいえない結果だったのでした。

実は寝返りができなかったことが原因だったのです。

寝返りができないと何度も目が覚めていました。

同じ姿勢を続けていると、特定の場所が圧迫され続け、痛みが出たり、体温で蒸れたりします。

それを防ぐため、脳の指令で行われる体のコントロール機能の一つが寝返りで、快眠とは深い関係があります。


ラクラク寝返りを打てる、かための枕がおすすめ

快適に大切な寝返りを打ちやすいのは、どんな枕なのだろう?

一見、やわらかくてフカフカの枕の方が寝返りは打ちやすい。

枕がかたいと頭を回しやすいため、足や腰が回ると、抵抗を受けずに頭をすんなり回すことができる。

そのため、脳から指令がくると、すぐに寝返りがうてる。

一方、ふんわりやわらかい枕の場合、足や腰が寝返りを打つために回っても、頭は沈み込んでいるため、すぐに回しにくく、遅れて回転する。

その間、無理な体勢でいなければならず、体に負担をかけてしまうのです。

快眠を助けるいい寝返りをラクに打つには、かための枕がおすすめだそうです。

まとめ

快適な睡眠や健康のためには自分にあった枕が大事なんですね!

角度は15度になるようにするのが必要です。

スロージョギングは無理なく続けることができるダイエット法です

runner-888016_960_720
スロージョギングってご存知でしょうか?

一般的にジョギングっていうと、しんどくてきついっていうイメージがありますよね。

そこで、ジョギングのしんどくてきついイメージをひっくり返すほど、楽なのにダイエットにも効果があるのがスロージョギングなのです。

速筋を使わず、遅筋だけで走るのがスロージョギングです。

ジョギングはきついため、三日坊主でやめてしまう人が多くいます。

きつくなく、楽に続けることが出来るジョギングがあります。

それがスロージョギングですが、なぜ疲れないの?その秘密などを調べてみました。

疲れないスロージョギングとは?

スロージョギングの動画

普通のジョギングと比べると、スロージョギングは、不思議なことに疲れの指標である乳酸はほとんど増えないそうです。

つまりは、疲れないジョギングということになります。

筋肉は、瞬発力がある「速筋」と持久力がある「遅筋」の組み合わせでできています。

一定の速度以下で走るときは遅筋を使いますが、速度が早くなってくると速筋が加わってきます。

そして乳酸が増えないスロージョギングの速度なら、遅筋だけで走れているということになります。

その結果、楽に、しかも長く続けられるトレーニングなのです。

しかも、スロージョギングのほうが消費カロリーが多いのです。

スロージョギングの秘密?

スロージョギングの秘密は、遅筋のみを使うことですが、これはウォーキングも同じことです。

では、ウォーキングとスロージョギングは何が違うのでしょうか?

個人差はありますが、走る速度はウォーキングとそれほど変わらないです。

実は、消費するカロリーに大きな差が出るのです。

同じ速度で移動した場合も、ウォーキングよりもジョギングのほうが多くのカロリーを消費します。

つまり、ダイエット効果が大きいことになります。

消費カロリーの比較

「ためしてガッテン」での消費カロリーの比較実験結果です。

たとえば、時速4キロというかなり遅い速度で消費カロリーを比較すると、スロージョギングのほうがウォーキングよりも1.6倍も多くなります。

これを脂肪の量に換算してみると、それぞれを毎日20分間、1年間続けた場合、ウォーキングでは2.7kgに対し、スロージョギングなら5kgの脂肪を燃やすことができます。


筋肉の能力を高め、筋肉内の毛細血管を増やす

運動を全くしていなかった3人の人にスロージョギングを続けてもらいます。

始めてから3週間後、3人全員が「早く走ってもつらくない」「走ることが楽しい」と声をそろえていうようになったそうです。

これまで運動とは、ほとんど縁がなかった人たちです。

なぜ、こうした変化が起きたのでしょうか?

まず、スロージョギングを続けていくことで、これまで使っていなかった筋肉を刺激し、運動の能力が向上します。

さらに筋肉内の毛細血管が増えることが分かったそうです。

毛細血管が増えると、組織の隅々まで酸素や栄養を届けることができるようになるため、楽に走ることができるようになるようです。

このようにスロージョギングは、内部からも体を改善し、運動しやすく、また効果を高めるという相乗効果を生みます。


ジョギングは前頭前野を刺激し、脳によい刺激を与える

スロージョギングの効果として「悩みがなくなった」「怒らなくなった」前向きになった」という気持ちの変化をあげる人も多いみたいです。

現在も多くの研究が進められていて、まだ、はっきりと解明はされていませんがスロージョギングが脳によい刺激を与えるのではないかと期待されています。

ウォーキングをすると脳の運動野が活動するが、スロージョギングの場合は、これに前頭前野の活動が加わることが分かっています。

まとめ

スロージョギングの全身に与える効果はすばらしいですね。

楽にダイエット出来るのも魅力的ですね。