父の日ができた由来?シンボルフラワーは?喜ばれる贈り物ランキング

父の日は父親に感謝をする日で、日本に伝わったのは1954年(昭和29年)ごろです。

一般的な行事となったのは1980年代で、この日に父親参観日を行う学校や園も多いようですね。

父の日は、毎年6月の第3日曜日です。

今年の2016(平成28)年は6月19日が父の日になります。

ある調査によれば、子どもは普段の生活で見る父親を評価している傾向があると述べられています。

休日には、ごろんと家の中でくつろいでいるのが、父親といったように思われているようですね。

家族のために働いている、本来の父親の姿を子どもに教えたりすることも必要なようですね。

そして、父親参観日などの機会に改めて父親のことを考えてもらうことが大切です。

父の日の由来は?

シンボルフラワーは?

贈り物ランキングなど調べました。

父の日の由来

父の日はアメリカ発祥の記念日です。

1910年(昭和43年)、アメリカのワシントン州のソノラ・スマート・ドッド婦人が「母の日」にならい、父親に感謝する日をつくろうとよびかけたことが

始まりです。

ドット婦人は幼いころに南北戦争を経験されています。

父は南北戦争に召集され、母は6人の子を一人で育てていましたが、父の復員後に過労で亡くなり、父は男手ひとつで子育てに奮闘していました。

しかし、父もまた、子らの成人を見届けるとこの世を去ってしまいます。

ドット婦人は、自分たち6人の子どもを男手一つで育ててくれた父親に感謝するために、白い薔薇(ばら)を墓前に捧げました。

父親が6月生まれだったため、ドッド婦人は自分が通う教会の牧師に頼み、6月に「父の日」を祝う礼拝をしてもらいました。

それは、1909年6月19日で、第3日曜日でした。

これがもとで、ワシントン州では6月の第3日曜日が「父の日」となったのです。

アメリカでは、1972年(昭和47年)に、「父の日」が正式にな国民の祝日となりました。

日本での父の日

日本で父の日が広まり始めたのは、1950(昭和25)年頃です。

しかし、当時は認知度は低く一般的な行事として知れ渡ったのは1980年代になります。

デパートなどが、販売戦略の一つとして父の日をイベント化したことが一般に広まったきっかけだといわれています。


父の日のシンボルフラワーは?

ドット婦人は、父親に感謝するために、白い薔薇(ばら)を墓前に捧げました。

そのことから、白い薔薇が父の日のシンボルになったとされています。

また、「バラは十字架にかけられたキリストの血の跡に咲いた花だから」などの説もあるそうです。

父の日も母の日も、教会でスタートしたこともあって、実はキリスト教につながっているようです。

バラの色は、存命する父がいれば赤で、亡くなっていたら白という風に意味づけられています。

贈り物は?

「母の日」も「父の日」も、クリスチャン女性によって、親への深い愛と感謝をこめて始められたわけです。

この日は、プレゼントやカードもいいですが、何よりも心からの感謝を贈りるのがいいでしょうね。

普段はついあたりまえに思い、忘れがちな親の愛ですが、実は、私たちは神様に対しても、同じことをしています。

その愛は、あまりにも自然に日々私たちに注がれているので、感謝するのを忘れがちになります。

これを機会に、もっと「天にいるお父さん」である神様にも感謝するようにしたいものですね。


ランキング

父の日のもらってうれしいプレゼントランキング
1位:ネクタイ
2位:財布
3位:腕時計
4位:レストランでの食事
5位:食事を作ってくれる
6位:カバン
7位:ベルト
8位:ハンカチ
9位:珍しいビール
10位:有名店の洋菓子

まとめ

普段、忘れがちの父親への感謝をする日であります。

なかなか父親とは話す機会も少ないと思いますので、この日は普段話せないことを言うのもいいと思いますね。

梅雨と呼ばれるようになった由来は?長雨がふる現象は?

梅雨とは、日本においては北海道や小笠原を除いた地域において5月~7月の間曇りや雨が続く期間のことをいいます。

梅雨の期間は40数日で、降水量は年間のおよそ20~30パーセントに値します。

稲にとっては大切な雨でもあり、私たち人間や自然の生き物たちにとっては恵みの雨です。

しかし、梅雨に入ると、雨が続き、外に出るのがおっくうになったりしますよね。

それに、家の中では嫌なカビが生えやすくなったりして、うっとうしいと感じる時期ではないでしょうかね!

子どものように雨を楽しむことができるといいですね。

なぜ梅雨と呼ばれるようになったのでしょうか!

梅雨の由来は?

長雨になる現象について?

梅雨の由来は?

梅雨と呼ばれるようになった説はいろいろとあるようですね。

梅雨のことは「つゆ」「ばいう」と、どちらでも呼ばれたりします。

どちらの呼び方でも間違いではないようです。

ちなみに、中国では「ばいう」と呼んでいたそうです。

梅の実が実るころに降る雨なので「梅雨」といわれるようになったといわれています。

また、カビの生えやすい時期でもあることから「黴雨(ばいう)」ともいわれているそうです。

梅雨は江戸時代以前に五月雨(さみだれ)ともいっていました。

中国から伝わってきた言葉ですね。

日本で「つゆ」と読むのは「露(つゆ)」からの連想とされています。

他にも由来はあります。

梅雨に入ると、よく雨が降るようになります。

そこで、「毎日」「毎度」とか雨が続くという意味から、梅のつくりである「毎」から「梅雨」となったという説もあるようですね。


長雨が降る現象は?

雨は、暖かい空気と冷たい空気がぶつかることで降ります。

梅雨の時期には、日本の上空で、春の冷たい空気と夏の暖かい空気が勢力争いをしています。

雨の日でも、涼しい日と蒸し暑い日があるのは、そのためなのです。

やがて夏の空気が勝つと梅雨が明けます。

秋の長雨も、夏の空気と秋の空気が喧嘩して起こる現象なのです。


雨を楽しむ

大人になると、雨が続くと外に出かけるのがおっくうになったり、カビが生えやすくなったりするので、うっとうしい気持ちになりますよね。

子どもにとっては、雨はさほど気にならないかも知れませんよね。

私たち大人も、子どもの頃は雨が降ると水たまりで遊んだりして楽しんでいました。

雨に濡れてもそんなに気にならなかったですよね!

そこで、こんな言葉があります。

日本の幼児教育の父で、日本のフレーベルと呼ばれた倉橋惣三さんの言葉です。

「6月の雨だっておとなが教えなかったら、子どもには少しも苦にならないもの」「子どもは、知らなくてもいいことを、おとなから教えられることが屡々(るる)ある」(育ての心・上)と戒めています。

子どもの素直な気持ちを大人が失わせているのでしょうかね。

まとめ

大人と違って子どもは、雨の日には、雨音に耳を澄ましたり、水たまりをピシャピシャしたりと子ども雨の日を楽しむことができます。

雨は稲にとってはすごく大切なものです。

嫌がらずに恵みの雨であることを忘れずにしましょう。

時の記念日が6月10日に定められた由来は?不定時法とは?水時計の仕組み

時の記念日は、1920年(大正9年)に制定されています。

当時の日本は、欧米人のように時間の感覚があまりなかったのでしょうか?

時の記念日が制定された理由は、日本人も欧米人並みの時間感覚を持つことが目的だったようですね。

そして、東京天文台(現国立天文台)と生活改善同盟会によって制定されました。

「時間を守り、大切にして、合理的な生活を守る」ことを趣旨としています。

現在の日本の標準時は、明石市(兵庫県)を通る東経135度の地方時が全国同時刻の標準となっています。

時の記念日が6月10日に定められた由来は?

不定時法とはどのようなものなの?

水時計の仕組みは?

時の記念日が6月10日に定められた由来は?

「日本書紀」には、西暦671年、天智天皇(中大兄皇子)が、(天智10年)4月25日、日本で初めて水時計(漏刻)が、使われ、「漏刻(ろうこく)を新しき台に置く。始めて候時(こうじ)を打つ。鐘鼓(しょうこ)を動す。」と、人々に時報が知らされたとことが記されています。

日本初の時計が、時を刻み、鐘を打った日になります。

この日は、新暦にすると6月10日になることから、6月10日を時の記念日と定めたそうです。

現在の日本では、1日を24当分して、数字で時刻を表しています。

しかし、新暦を使う前は、不定時報を使っていました。


不定時法とは?

江戸時代の日本では、現在使われている定時法とは違って、不定時法が使われていました。

定時法とは、1日を24時間に等分割したものですので、時間の長さは季節に依らず一定になります。

不定時法とは、昼と夜の長さを別々に六等分した一時(約2時間)を十二支で表した時刻法です。

日の出と共に起き日没と共に寝ていた昔の生活習慣に合った時法ですが、季節により昼夜の長さが変わるので、

時間の長さが変わってしまうということがでてきます。

しかし、時計がなくても時刻がわかるので、昔の人にとっては太陽の高さで大体の時刻がわかるので便利だったとようですね。

「おやつ」の由来も、昔は1日2食だったため「八ツ」のころ、つまり昼の2時頃に間食をとる習慣があったことからのようです。


水時計の仕組みは?

水時計がいつ頃、誕生したかは、いろんな説があるようです。

インドや中国でもかなり早い段階から使用されていたとも言われていますが、

その中で最も有力な説が、バビロニアや古代エジプトが発祥の地というものです。

水時計の仕組みは、容器の穴を水が流入する量、または流出する量を時間に置き換える時計のことです。

日時計の次に発明された時計です。

夜には使えない日時計と違い、昼夜を問わず、正確に時間を示すことができるとして、重宝されたようです。

時間を測る時計としては、日時計と並んで世界最古らしいです。

まとめ

私たち人間が生活するうえで、時間はとても大切なものですね。

昔から、「時は金なり」と言います。

英語でも「Time is money」ということわざがあるように、時間というのは、誰にでも平等に与えられたものです。

それを、どう使うかによって人生は変わってきます。

2度と取り返すことのできない、大切なものです。

時の記念日には、「時」に関心を持ち、時間を有効に生かしていくことを考える日にしたいですね。