窓ガラスを簡単にピカピカに輝かせる掃除法の紹介です

窓ガラスはすぐに、汚れるし拭くのに手間がかかります。

しかし、毎日ふき掃除をするのはつらくて嫌ですよね。

そこで、簡単にきれいに窓ガラスを掃除する方法を紹介します。

汚れをつきにくくする

窓ガラスが汚れていると、すごく気になりますが、そう毎日拭くわけにはいきませんよね。

それでは、汚れがつきにくいようにすれば良いのではと思いますよね。

それでは、どうすれば良いのか?

窓ガラスを拭いたときに、最後の仕上げにキャップ1杯の衣類の柔軟剤を1リットルの水に溶かしたもので、サッと拭きます。

そのあと、からぶきをしておくと、ガラスの帯電が少なくなり汚れがつきにくくなります。

柔軟剤の代わりに、酢でも効果があります。

酢の場合も1リットルの水にキャップ1杯の酢を溶かした液で拭きます、そのあとからぶきをしておきます。

たまねぎで、しつこい汚れもスッキリ

窓ガラスについた汚れが、ガラス用洗剤を使っても取れな場合、意外なものが役に立ちます。

それは、玉ねぎです。

玉ねぎを横半分に切り、その切り口で汚れているところをこすり取り、そのあと水で濡らした布できれいに拭き取ります。

すると、ガラス用洗剤よりも驚くほどきれいになります。



ひどい汚れにラップを使う

窓ガラスに、泥はねや油ジミなどの厄介な汚れがつき、洗剤でこすっただけでは落ちないことがあります。

このように、ガラスの汚れがひどいときは住居用洗剤などをスプレーした上から、料理用のラップを貼って10分くらい放置し、汚れが柔らかくなってきたら、ふきとるときれいに取ることができます。

ガラスの四隅にたまった汚れを取る裏ワザ

窓ガラスをていねいに磨いてもどうしても、ガラスの四隅にたまったホコリが取れないことがあります。

こんなときには、水で濡らした布に塩をひとつまみほどつけ、軽くこすると、塩が汚れやホコリをからめ取るので、きれいに取れます。

窓ガラスを割ってしまったとき

窓がらすを割ってガラスの破片が床に飛び散ったとき、はじめから掃除機で吸い取るのは掃除機の故障の原因になります。

そこで、はじめはガムテープなどなどの粘着テープでペタペタとガラスの破片をくっつけて取ってから、掃除機をかけ水ぶきをすると良いです。



新聞紙で結露を防ぐ

窓ガラスの結露はカビの原因になります。

そこで、寝る前に、少し湿らせた新聞紙を窓ガラス全面に貼り付けておきます。

朝まで結露に結露を吸収してくれます。

まとめ

毎日の掃除ってすごく大変です。

少しでも楽になる方法を紹介しました。

じゅうたん、カーペットのしみ取り2016年最新情報

PAKU150710030659_TP_V1
カーペットやじゅうたんに、こぼしたジュースのシミがついて

しまったりしていやになったことはないです。

また、じゅうたんにからみついた髪の毛や毛くずをとるのも

一苦労しますよね。

そんなときに、簡単に便利に取る方法です。


  じゅうたんにジュースをこぼしてしまったとき

じゅうたんに、ジュースをこぼしてしまったら、あわてて濡れぞうきんで

ふいた経験はないでしょうか。

でも、濡れぞうきんでふくのは、禁物です。

かえって、じゅうたんに広がってしまいます。

一番、良い方法は乾いたタオルに、ジュースをこぼしたじゅうたんの

上に置きます。

そして、トントンとたたいて、乾いたタオルにジュースをよくしみこませます。

このとき、できるだけ、タオルにしみこませます。

最後に、こぼしたところに塩をのせてすりこみ、ブラシで塩を取り除くと

綺麗にとれて、シミにもなりません。

  ペットがじゅうたんにおしっこをしたとき

最近は、犬や猫などのペットを室内で飼う家庭が多くなってきてい

ます。

そのときに一番困るのはおしっこの、しつけだと思います。

ちゃんと、しつけてトイレでするようになっても、ある日、突然に

トイレ以外の場所でおしっこをされた経験はないですか。

ふいても、なかなか臭いが取れなくて困りますよね。

そんなときには、お湯でしぼった雑巾でたたくように、ふいてから酢を

たっぷり含ませた雑巾でふきます。

最後にもう一度、お湯ぶきすると、臭いもさっぱりと取れます。

この方法は、子どもがおしっこを、おもらししたときにも使えます。


  カーペットについた犬や猫の毛を簡単に取る

犬や猫の毛が、じゅうたんやカーペットについて取れにくいときは、

掃除機をかけた後に、粘着テープをじゅうたんやカーペットの奥に押し付けるよう

にして毛を取り除きます。

  からみついた髪の毛や糸くずを取る方法

じゅうたんにからみついた髪の毛や、糸くずなどのゴミを取るのは、苦労しますよね。

簡単に取れる方法があります。

キッチン用のゴム手袋を両手にはめ、からみついたゴミをこすり取るようにします。

こうするだけで、髪の毛やゴミはおもしろいようにゴム手袋について取れます。

乾いた、たわしでこすっても、毛脚の奥につまってしまったゴミを取ることができます。

  手軽なカーペットのほこり取り

カーペットやじゅうたんの目に入り込んだホコリは掃除機でもきれいに取り除けません。

そんなときは、カーペットやじゅうたんに塩を全体にばらまき、掃除機で

吸い込むと取れにくいホコリもきれいに取れてしまいます。

  まとめ

じゅうたんやカーペットはとくに、掃除をするのは、大変です。

簡単に採れる方法を、まとめてみました。

食品を長持ちさせる方法を紹介

000059_li
一度に食べきれないものや、残ってしまった物などを

少しでもおいしく食べられて、長持ちさせる方法です。


  マヨネーズの味を落とさない保存方法

開封後のマヨネーズは、ほとんどの人は冷蔵庫で保存をすると思います。

しかし、真夏以外は常温で保存しましょう。

マヨネーズは高温にも低温にも弱く、冷蔵庫のように低温すぎると酢、油、

卵黄が分離して味が落ちてしまいます。

そして、日光のあたらない場所で保管しましょう。

  ケーキを一度に食べきれないとき

ケーキをたくさん頂いたり、一度に食べきれないことってありますよね。

そんなときには、密閉容器を逆さまにして使います。

密閉容器のふたにケーキを並べ、容器の本体をふたがわりに

かぶせて冷蔵庫に入れて冷凍しておくと良いです。

解凍してもケーキはおいしく食べれます。

  ハムをしっとり保存するには

一度に食べきれない大きなハムは、冷蔵庫に入れておいても、切り口が痛んで

粘り気がついたり、嫌な臭いがついたりします。

ハムを上手に長く保存させるには、切り口を日本酒でふいて、ラップでしっかり

包んでおきます。

こうすると、アルコールの消毒作用で、切り口に雑菌が繁殖するのを抑えられる

ので、しっとりと長く保存できます。


  餅をカビさせずに長持ちさせるコツ

正月の餅のカビやひび割れを防ぐとっておきのコツに、練りからしと酒粕を使う方法

があります。

まず、漬け物用のポリ容器に練りからしを大さじ2杯くらい皿に入れて置き、その上に

焼き網をのせます。

されにその上に、ちぎった酒粕と餅を混ぜてポリ袋入れたものをのせます。

そして、ポリ袋のふたをして、涼しい場所に保存する。

からしには雑菌の繁殖を抑える働きがあるし、酒粕のアルコール分もカビの発生を防ぐ

ので、1ヶ月くらいは持ちます。

  イチゴをおいしく保存する

イチゴは痛みやすいので、困ります。

しかし、冷凍保存すればいつでもおいしく食べられます。

まず、イチゴのへたを取り洗ったらグラニュー糖まぶして甘みをしみこませ

ます。

トレーに一つ一つくっかないように並べていったん冷凍し、冷凍できたら

ポリ袋に入れかえて冷凍保存しておきます。

解凍して食べてもよいし、そのまま食べてもシャーベットのようでおいしいです。

 

キャベツの痛みを防ぎ長持ちさせる

キャベツの痛みを防ぎ長持ちさせるには、芯をくり抜き、そのくぼみに水を含ませた

ティッシュペーパーをつけておくと良いです。

  まとめ

食品を長持ちさせる方法はいかがだったでしょうか。

ほかにもいろんな方法はあると思います。

いろいろと試してみるのもいいかと思います。

冷蔵・冷凍をじょうずに使い食品をおいしく長持ちさせる

EL14051257_TP_V1
冷蔵庫は、冷やしたり・凍らせたりとできる、すごく便利なものです。

食品を長持ちさせることができるし、おいしいものを作ることも

できます。

そこで、ちょっとひと工夫したした使い方を紹介したいと思います。


  コーヒーの香りを長持ちさせる

コーヒーは時間が経つとともに香りが飛んでしまいます。

冷蔵庫で保存するのもいいですが、コーヒーには吸収作用があります。

冷蔵庫の嫌な臭いも吸いとってしまうこともあります。

そこで、臭いの少ない冷凍庫で保存をします。

冷凍庫で保存して、おいしく飲める期間は豆の状態で2~3週間です。

粉の場合も2~3週間ぐらいです。

  固くなった食パンでおいしいパン粉作り

日にちが経ち、かたくなってしまった食パンは、冷蔵庫でいったん凍らせてから、

おろし金などを使うと、市販のものより、おいしいパン粉ができあがります。

  氷を使わずに作る100%のバナナジュース

よく熟れたバナナを安くまとめ買いします。

それを、冷凍庫で凍らせておきます。

そして、そのままミキサーにかけると、氷を使っていないので100%のバナナジュース

ができあがります。

味が濃ゆくてすごくおいしいです。

  ハチミツをかたまらせない保存法

ハチミツは、常温や冷蔵庫で保存すると、いつのまにか白く濁ってカチカチに

なります。

これは、ブドウ糖の性質で、品質が悪くなったわけではありません。

しかし、見た目や取り出すのにひと苦労します。

ところが、冷凍庫で保存すれば、不思議なことにいつまでも、やわらかく保存

できます。

ハチミツは、5℃以下になると固まらないという性質があるのです。

多少固めにはなりますが、白く濁って固まることはありません。


  おいしそうにグラスに霜をつける

暑い日にビールやジュースを飲むとき、冷えたグラスに霜がついてたら

一段と涼しげでおいしく感じますよね。

まず、グラスにお湯を注ぎ温めてから、お湯を捨てます。

その後グラスを伏せたまま冷凍庫に30分ほど入れておくと、グラスの

表面にきれいに霜がつきます。

これは、お湯を入れていったん温められたグラスの水蒸気を、冷凍庫で

一気に凍らせたからです。

  冷凍庫で便利な、ひと口ミルク作り

ケーキなどを作ったあと、生クリームが残ってしまったら、冷凍しておくと

長持ちして便利です。

生クリームを、しぼり出し器から少量ずつしぼり出して、いくつか金属トレイ

に並べて冷凍しておくと、ひと口ミルクの出来上がりです。

アイスコーヒーに使ったり、果物を食べるときに添えたりすると、ちょっと

気のきいたデザートになります。

  まとめ

冷蔵庫は食べ物の保存をするのに、すごく便利ですよね。

そこで、冷凍庫と冷蔵庫をうまく使い分けることにより、もっと便利なものに

なります。

使えないキッチン用品を使えるようにするワザ

3キッチン
キッチン用品にはずっと使っていて、少し傷んで使いにくなった物や

捨てるのはもったいないので、何か使い道がないかなど、困ったこと

などたくさんあると思います。

そんな困ったときに便利な方法です。


     フックの吸盤の吸着力を復活させる

台所の壁に貼り付けて物をぶら下げるのに、すごく便利な吸盤のついたフックです。

でも、使い続けていると吸着力が弱ってきてすぐに外れやすくなってきます。

つけても、何回も外れてだんだんと嫌になってしまいます。

そんなときには、熱湯を入れたボウルに吸盤を5~6分つけておくと、元の吸着力

を取り戻します。

ただ、熱湯で煮込むと吸盤が変形してしまいますので、煮込むのは厳禁です。

     哺乳びんや水薬の空きびんを便利に使う

ふつうは、哺乳びんや水薬は使わなくなったら捨ててしまいますよね。

そこで、捨てるのがもったいないので、ほかに何か使い道はないでしょうか。

これらの容器には目盛りがついていますし、ふた付きですね。

そこで、これらの容器でドレッシングなどを作ると、ふたを閉めて混ぜること

が、できるので便利です。

  卵の殻とコーヒーのカスで肥料作り

卵の殻とコーヒーのカスは捨てずに取っておきましょう。

いろいろと役に立つすぐれものです。

たとえば、卵の殻を細かく砕きコーヒーのカスと混ぜ合わせます。

それを、植木にまけば、りっぱな肥料になります。

そして保湿効果もあります。

また、コーヒーのカスは強い消臭効果がありますので、消臭剤としても

使うことができます。

電子レンジを使えば簡単に乾燥させることができます。

それを、茶こし袋に入れて、下駄箱や冷蔵庫掃除機の中に入れておくと、

嫌な臭いを消してくれます。

たまごの殻は水筒や花瓶など手が入らなくて、洗いにくい容器などの汚れ

落としにとても役に立ちます。

細かく砕いた殻を洗いたい容器に入れて、水と一緒にシェイクするだけで、

水あかなどの汚れや曇りもきれいに取ってくれます。


  ラップに切り口がわからなくて、はがせなくなったときには

食品を包むラップは使っていると、たまに切るのを失敗してしまい、切り口が

わからなくなってしまうことはありませんか?

そんときは、温める方法です。

弱火でラップを遠くからかざし、回しながらあぶると、切り口が浮き上がってきます。

このとき、火に近づけすぎないようにしないと、逆にくっついてしまいます。

ですので、これとは反対のやり方で冷やす方法のほうが安心かなって思います。

ラップを少しの間、冷凍庫に入れて、冷やします。

そして、タオルをしぼるようにギュッとひねります、するとラップの切り口が

浮き上がってきます。

  まとめ

家事って見た目よりも大変な仕事だと思います。

そこで、簡単に役に立つアイデアなどがあれば良いですよね。