トイレの黄ばみをとり、ピカピカに輝かせる掃除法の紹介です

トイレは毎日、気持ち気持ち良く使いたいと思います。

でも、すぐに黄ばみができてしまうし、
洗剤を使ってこすっても、
なかなか取れない頑固な黄ばみもあります。

そんな、頑固な黄ばみや汚れを落とし、
トイレをピカピカに輝かせる掃除法の紹介です。

“トイレの黄ばみをとり、ピカピカに輝かせる掃除法の紹介です” の続きを読む

窓ガラスを簡単にピカピカに輝かせる掃除法の紹介です

窓ガラスはすぐに、汚れるし拭くのに手間がかかります。

しかし、毎日ふき掃除をするのはつらくて嫌ですよね。

そこで、簡単にきれいに窓ガラスを掃除する方法を紹介します。

汚れをつきにくくする

窓ガラスが汚れていると、すごく気になりますが、そう毎日拭くわけにはいきませんよね。

それでは、汚れがつきにくいようにすれば良いのではと思いますよね。

それでは、どうすれば良いのか?

窓ガラスを拭いたときに、最後の仕上げにキャップ1杯の衣類の柔軟剤を1リットルの水に溶かしたもので、サッと拭きます。

そのあと、からぶきをしておくと、ガラスの帯電が少なくなり汚れがつきにくくなります。

柔軟剤の代わりに、酢でも効果があります。

酢の場合も1リットルの水にキャップ1杯の酢を溶かした液で拭きます、そのあとからぶきをしておきます。

たまねぎで、しつこい汚れもスッキリ

窓ガラスについた汚れが、ガラス用洗剤を使っても取れな場合、意外なものが役に立ちます。

それは、玉ねぎです。

玉ねぎを横半分に切り、その切り口で汚れているところをこすり取り、そのあと水で濡らした布できれいに拭き取ります。

すると、ガラス用洗剤よりも驚くほどきれいになります。



ひどい汚れにラップを使う

窓ガラスに、泥はねや油ジミなどの厄介な汚れがつき、洗剤でこすっただけでは落ちないことがあります。

このように、ガラスの汚れがひどいときは住居用洗剤などをスプレーした上から、料理用のラップを貼って10分くらい放置し、汚れが柔らかくなってきたら、ふきとるときれいに取ることができます。

ガラスの四隅にたまった汚れを取る裏ワザ

窓ガラスをていねいに磨いてもどうしても、ガラスの四隅にたまったホコリが取れないことがあります。

こんなときには、水で濡らした布に塩をひとつまみほどつけ、軽くこすると、塩が汚れやホコリをからめ取るので、きれいに取れます。

窓ガラスを割ってしまったとき

窓がらすを割ってガラスの破片が床に飛び散ったとき、はじめから掃除機で吸い取るのは掃除機の故障の原因になります。

そこで、はじめはガムテープなどなどの粘着テープでペタペタとガラスの破片をくっつけて取ってから、掃除機をかけ水ぶきをすると良いです。



新聞紙で結露を防ぐ

窓ガラスの結露はカビの原因になります。

そこで、寝る前に、少し湿らせた新聞紙を窓ガラス全面に貼り付けておきます。

朝まで結露に結露を吸収してくれます。

まとめ

毎日の掃除ってすごく大変です。

少しでも楽になる方法を紹介しました。

畳の汚れをきれいに落とす裏ワザ

もりもりです。

今日は畳をきれいにする方法です。

昔は畳の部屋がほとんどでした。

最近はフローリングやじゅうたんの部屋が
多くなり畳の部屋は少なくなっています。

しかし、
和室の部屋は日本らしくて落ち着いて、
素晴らしいとは思いますね。

ただ、
畳は長年使っていると黄ばみが出来たり、
汚れやシミが出来て掃除が大変です。

そこで、
簡単に畳が元のように生き返る掃除法をお教えしますね。

“畳の汚れをきれいに落とす裏ワザ” の続きを読む

じゅうたん、カーペットのしみ取り2016年最新情報

PAKU150710030659_TP_V1
カーペットやじゅうたんに、こぼしたジュースのシミがついて

しまったりしていやになったことはないです。

また、じゅうたんにからみついた髪の毛や毛くずをとるのも

一苦労しますよね。

そんなときに、簡単に便利に取る方法です。


  じゅうたんにジュースをこぼしてしまったとき

じゅうたんに、ジュースをこぼしてしまったら、あわてて濡れぞうきんで

ふいた経験はないでしょうか。

でも、濡れぞうきんでふくのは、禁物です。

かえって、じゅうたんに広がってしまいます。

一番、良い方法は乾いたタオルに、ジュースをこぼしたじゅうたんの

上に置きます。

そして、トントンとたたいて、乾いたタオルにジュースをよくしみこませます。

このとき、できるだけ、タオルにしみこませます。

最後に、こぼしたところに塩をのせてすりこみ、ブラシで塩を取り除くと

綺麗にとれて、シミにもなりません。

  ペットがじゅうたんにおしっこをしたとき

最近は、犬や猫などのペットを室内で飼う家庭が多くなってきてい

ます。

そのときに一番困るのはおしっこの、しつけだと思います。

ちゃんと、しつけてトイレでするようになっても、ある日、突然に

トイレ以外の場所でおしっこをされた経験はないですか。

ふいても、なかなか臭いが取れなくて困りますよね。

そんなときには、お湯でしぼった雑巾でたたくように、ふいてから酢を

たっぷり含ませた雑巾でふきます。

最後にもう一度、お湯ぶきすると、臭いもさっぱりと取れます。

この方法は、子どもがおしっこを、おもらししたときにも使えます。


  カーペットについた犬や猫の毛を簡単に取る

犬や猫の毛が、じゅうたんやカーペットについて取れにくいときは、

掃除機をかけた後に、粘着テープをじゅうたんやカーペットの奥に押し付けるよう

にして毛を取り除きます。

  からみついた髪の毛や糸くずを取る方法

じゅうたんにからみついた髪の毛や、糸くずなどのゴミを取るのは、苦労しますよね。

簡単に取れる方法があります。

キッチン用のゴム手袋を両手にはめ、からみついたゴミをこすり取るようにします。

こうするだけで、髪の毛やゴミはおもしろいようにゴム手袋について取れます。

乾いた、たわしでこすっても、毛脚の奥につまってしまったゴミを取ることができます。

  手軽なカーペットのほこり取り

カーペットやじゅうたんの目に入り込んだホコリは掃除機でもきれいに取り除けません。

そんなときは、カーペットやじゅうたんに塩を全体にばらまき、掃除機で

吸い込むと取れにくいホコリもきれいに取れてしまいます。

  まとめ

じゅうたんやカーペットはとくに、掃除をするのは、大変です。

簡単に採れる方法を、まとめてみました。

使えないキッチン用品を使えるようにするワザ

3キッチン
キッチン用品にはずっと使っていて、少し傷んで使いにくなった物や

捨てるのはもったいないので、何か使い道がないかなど、困ったこと

などたくさんあると思います。

そんな困ったときに便利な方法です。


     フックの吸盤の吸着力を復活させる

台所の壁に貼り付けて物をぶら下げるのに、すごく便利な吸盤のついたフックです。

でも、使い続けていると吸着力が弱ってきてすぐに外れやすくなってきます。

つけても、何回も外れてだんだんと嫌になってしまいます。

そんなときには、熱湯を入れたボウルに吸盤を5~6分つけておくと、元の吸着力

を取り戻します。

ただ、熱湯で煮込むと吸盤が変形してしまいますので、煮込むのは厳禁です。

     哺乳びんや水薬の空きびんを便利に使う

ふつうは、哺乳びんや水薬は使わなくなったら捨ててしまいますよね。

そこで、捨てるのがもったいないので、ほかに何か使い道はないでしょうか。

これらの容器には目盛りがついていますし、ふた付きですね。

そこで、これらの容器でドレッシングなどを作ると、ふたを閉めて混ぜること

が、できるので便利です。

  卵の殻とコーヒーのカスで肥料作り

卵の殻とコーヒーのカスは捨てずに取っておきましょう。

いろいろと役に立つすぐれものです。

たとえば、卵の殻を細かく砕きコーヒーのカスと混ぜ合わせます。

それを、植木にまけば、りっぱな肥料になります。

そして保湿効果もあります。

また、コーヒーのカスは強い消臭効果がありますので、消臭剤としても

使うことができます。

電子レンジを使えば簡単に乾燥させることができます。

それを、茶こし袋に入れて、下駄箱や冷蔵庫掃除機の中に入れておくと、

嫌な臭いを消してくれます。

たまごの殻は水筒や花瓶など手が入らなくて、洗いにくい容器などの汚れ

落としにとても役に立ちます。

細かく砕いた殻を洗いたい容器に入れて、水と一緒にシェイクするだけで、

水あかなどの汚れや曇りもきれいに取ってくれます。


  ラップに切り口がわからなくて、はがせなくなったときには

食品を包むラップは使っていると、たまに切るのを失敗してしまい、切り口が

わからなくなってしまうことはありませんか?

そんときは、温める方法です。

弱火でラップを遠くからかざし、回しながらあぶると、切り口が浮き上がってきます。

このとき、火に近づけすぎないようにしないと、逆にくっついてしまいます。

ですので、これとは反対のやり方で冷やす方法のほうが安心かなって思います。

ラップを少しの間、冷凍庫に入れて、冷やします。

そして、タオルをしぼるようにギュッとひねります、するとラップの切り口が

浮き上がってきます。

  まとめ

家事って見た目よりも大変な仕事だと思います。

そこで、簡単に役に立つアイデアなどがあれば良いですよね。