かゆみの原因は?かゆみをしずめる裏ワザを紹介!

stock-photo-girl-scratch-the-itch-with-hand-arm-itching-concept-with-healthcare-and-medicine-270549008
かゆみに悩まされる人は多いと思います。

夏場はあまり皮膚のかゆみを感じることはないが、秋から冬にかけて皮膚にかゆみを感じる人は多いそうです。

私も冬など寒い季節になると、肘・膝がカサカサになり、すごくかゆくなります。

湿疹なども見られないのに、かゆみだけが起きる場合がありますが、それは加齢による皮膚の水分不足が考えられるそうです。

ある統計によれば、主な症状がかゆみだけという人は65歳以上の人は、それ以下の人と比べると約10倍にもなるそうです。

また70歳以上の人では50%がかゆみに悩まされているそうです。

年齢が高くなるにつれてかゆみに悩まされる人が多いようです。

なぜ年齢が高くなるとかゆみがおきるの?

年齢が高くなるにつれて、どうしても皮膚の水分が減ってきます。

それが乾燥肌の原因となるのです。

そこで、市販のかゆみ止めの薬を塗り、それでも治まらないときは皮膚科で診察を受けるというのが一般的だと思います。

しかし、かゆみの原因が乾燥肌以外の別にあることもあります。

かゆみの原因は乾燥肌だけではない

例えば、腰回りのかゆみがひどくなり、しかたなく病院へ行き診察をしたらぼうこうがんが原因だった。

ということもあるのです。

がんや重大な内蔵疾患ができると、危険を知らせる信号が脳に送られます。

すると脳は「βエンドルフィン」という物質を大量に作り体内へ放出します。

これが、かゆみを伝える神経の先端にある「βエンドルフィン」受容体にとらえられると、その刺激が強いかゆみとなってあらわれるのです。

かゆみが重大な病気のシグナルとなる

重い病気が原因のかゆみを起こす「βエンドルフィン」は痛み止めにも使われるモルヒネに似た物質で別名を「快楽物質」と呼ばれています。

熱い風呂に入ったり、美味しいものを食べたり、マラソンのときなどに苦痛が快感に感じたり、苦しみをやわらげるときに分泌される物質です。

重大な病気の信号を受けた脳が、痛みに備えて作り出すと考えられています。

ただ、快楽物質のおかげで重大なピンチに気づかないので困ります。

そこで、かゆみを伝える神経についている「βエンドルフィン受容体」が、「βエンドルフィン」をキャッチし、かゆみとして脳に異変を伝えると考えられています。

ただ、かゆみと内蔵の病気を結びつけるのは難しいようです。

危険なかゆみを見分ける目安は

危険なかゆみを見分ける目安としては、全身がかゆい・皮膚に異常がないのにかゆい・かゆみが1か月以上続く場合などです。

これらに加え、処方された薬が効かない場合も要注意です。


かゆみをしずめる裏ワザ

虫刺されのようなかゆみを患部に触れずに、たちまち治してしまう裏ワザです。

方法はとても簡単です。

かゆみのあるところとは別のところを水などで冷やすだけなんです。

たとえば右腕を蚊に刺された場合は、左腕のどこかを冷やせばよい。

なぜ、かゆみが治まるのか?

かゆみや痛みなどの刺激は脳で感じています。

そのとき、脳内では刺激の優先順位が決まっていて、「冷たい」のほうが「かゆい」よりも優先順位が高いのです。

そのため、かゆいと冷たいを同時に受けると、優先順位の低いほうのかゆみを感じなくなるのです。

ただし、炎症が治るのではなく、かゆみをしばらく忘れることができるので、かきむしらずに済むということです。

かゆい患部を直接冷やすと、温まるとかゆみがぶり返すので注意です。

それと、慢性的で強いかゆみを伴う疾患には効果がないそうです。


乾燥肌のかゆみ対策

①風呂で体を洗うときは、ごしごしとこすらない。
乾燥しがちな皮膚はもろくなっているので、強くこすると表皮がはがれてしまいます。

②入浴後、すぐに保湿クリームを塗る。

③最低でも2週間、ケアを続ける。
皮膚の再生には2週間以上、したがって最低でも2週間は続ける。

まとめ

かゆみに悩まされることって良くありますよね。

しまいには、かきすぎて血が出て痛くなってしまうこともあります。

日ごろのケアが大切ですね。

シミ対策は紫外線の少ない秋から冬にはじめるのが効果的

stock-photo-beautiful-portrait-of-the-girl-52645024
女性の悩みのひとつに加齢によるシミではないでしょうか!

年を取るにしたがいシミが増えるのは仕方のないことですよね。

しかし女性にとって、シミはすごく気になる悩みですね。

朝も夜も、たっぷりと時間をかけてスキンケアしても防ぐことができないのがシミです。

しかし最近は女性だけでなく、若い男性もスキンケアには熱心ですよね。

ほとんどの人が、シミ対策でもっとも力を入れているのは紫外線によるシミ対策だと思います。

紫外線を浴び続けていると、肌を守るためにメラノサイトで作られているメラニン色素が皮膚にたまり、シミになってしまうのです。

「美白」化粧品の多くは、このタイプのシミをターゲットにしています。

そこで、あなたが今まで時間とお金と手間ををかけていたスキンケアが逆効果だったとしたら?

あなたのスキンケアがシミを作っていたかも知れないとしたら?

どうしますか?

そんなシミについての原因や対策についてのお話です。

季節に関係なくできる、紫外線以外が原因のシミがある

シミといえば紫外線です。

だから太陽の強い光にさえ注意すれば大丈夫と考える人は多いようです。

30代以上のシミが気になる女性は日焼け止めクリーム、美白クリームなど、ほとんどの人は紫外線への対策を行っていると思います。

そこで、ある実験データの結果です。

30代から50代の女性10人の肌を最新の分析装置で診断すると、10人中9人が皮膚の奥に赤いシミができていたそうです。

この赤いシミは紫外線以外の原因でできたもので、一般のシミと一緒に赤いシミができている人はかなり多いらしいです。

メラニン色素が皮膚にたまってできるシミの色は褐色から茶色が一般的なはずです。

では、なぜ赤いシミができていたのでしょうか?

皮膚をこすることが原因で、できる「肝斑」というシミなのです。


肝斑(かんぱん)というシミはどんなものなの?

皮膚をこすることが原因で、できるのが「「肝斑」というシミです。

赤いシミができている人に聞いてみると、洗顔から就寝前のマッサージまで、念入りに行っているそうです。

しかし、こうしたスキンケアにこそ、赤いシミができる原因があるのです。

赤いシミは皮膚を強くこすったためにできたもので「肝斑(かんぱん)」と呼ばれています。

洗顔やマッサージなどで皮膚を強くこすり、細胞が傷つくと、血管が広がって炎症が起きます。

すると白血球が出てきて傷ついた細胞を除去するが、同時に人体に有害な活性酸素が発生してしまいます。

このときメラノサイトがメラニン色素を放出します。

実は、メラニン色素は紫外線を防ぐだけではなく、活性酸素を無害化する働きがあります。

つまり、皮膚をこすり続けることで慢性的な炎症が起き、メラニン色素がたまった状態が肝斑なのです。

洗顔やメイクのときに、皮膚をこすらない

皮膚をこするこすることが原因で肌にどのような変化が起きるのでしょうか?

肌にファンデーションを塗り、石けんでゴシゴシこすって落とすことを続けてみます。

2週間で皮膚の奥に肝斑の原因となる炎症が起きてきます。

肝斑は圧倒的に女性に多いシミですが、これはメイクやメイク落としでひんぱんに肌をこするのに加え、女性ホルモンが

肝斑を濃くするためだと考えられています。

日焼け止めクリームや美白剤は効果がないそうです。

改善するには、炎症を起こさないようにします。

こすらないようにすれば、いいのです。

秋から冬の治療は効果が高く、春から夏は治療効果が落ちる

炎症が起きていると皮膚のメラノサイトが増大し、紫外線の影響を受けやすい状態になります。

そのため、紫外線の強い春から夏にかけて、治療をしてもメラニンが盛んに生成されているため、効果が出にくいです。

逆に秋から冬にかけての治療は、高い効果が期待できます。


効果のあったシミ対策

① 石けんはなんでも良いですが、泡だてネットや泡だてボールを使います。

② Tゾーンと呼ばれる、おでこ、鼻筋のラインから乗せていきます。

③ 手のひらで顔に乗せた泡のクッションでパフパフするようにポンピングします。
顔に手が触れないように注意をする。

④ 顔全体で2~3分ぐらいです。

⑤目じりと小鼻は洗いにくいので、指でなぞるように落とします。

まとめ

何においてでもですが、知識が少ないと、力を入れたり念入りにすることが効果があると勘違いすることが多いですね。

正しいスキンケアで美肌を目指しましょう。

肌の老化を防ぐ方法は?シミ・シワのないつややかな肌にする方法

stock-photo-beautiful-young-caucasian-woman-on-a-green-background-135817286
若いときの肌って、すごくつややかでハリもあり美しい肌ですよね。

しかし加齢とともにシミ・シワが出来てくるし、肌のハリもなくなってきます。

これは加齢によるものなので、仕方がないと誰もがあきらめてしまいます。

しかし出来れば少しでも良いので若い肌を保ちたいと思いますよね。

そのためには、表皮の下にある真皮を元気にし、美肌の味方のコラーゲンを食事からとるようにすることが大切です。

肌の老化はどうして起こるの?皮膚の構造、若々しい肌を保つための方法や肌に良い食材などについて調べてみました。

肌の老化はどうして起こるの?

紫外線は皮膚の大敵です。

紫外線などの刺激が皮膚の構造に悪影響を及ぼします。

皮膚は表皮、真皮、下皮から構成されています。

真皮は表皮の15~40倍の厚さがあるそうです。

毛細血管を通じて表皮へ栄養を供給し、表皮が次々と新しくなるターンオーバーを促しています。

真皮は主に、こう原繊維(コラーゲン・ファイバー)、弾性繊維(エラスチン・ファイバー)、基質部分でできています。

肌に弾力をもたらしているのは真皮の組織なのです。

皮膚は紫外線そのはかの外部の刺激から体を守る働きをしています。

ダメージが表皮にとどまればいいのですが、さまざまな刺激を長い年月うけ続けることで、刺激を守る働きが弱ってきます。

そして、紫外線などで発生したシミが表皮に残ってしまいます。

若いころのハリがなくなっていくのはこのためなのです。

そしてハリがなくなっていくと、しぼんだ風船のようにシワができ、さらに皮膚のタルミとなるのです。

よくある肌トラブルと全身の健康状態

肌の状態が悪くなる原因は、紫外線などによる外部からの刺激だけではありません。

全身の健康状態が肌に表れてくることもあります。

こうした症状の初期のサインを見逃さず、日常生活に気をつけて十分な休息をとることも肌のトラブルを防ぐためには大切です。

皮膚の構造

人間の皮膚の表面を「上皮」といいます。

上皮は表面に近い部分「表皮」、その下の「真皮」で構成されています。

さらに真皮の下には「皮下」があり、これらが皮膚組織を構成しています。

表皮はわずかに約0.2mmの薄さですが、外部の刺激から体内を守るバリア機能やターンオーバーの機能を担っています。

表皮の暑さは約2mmで、タンパク質線維と基質で構成されています。

タンパク質線維は、ほとんどがコラーゲンで占められていて、これにより皮膚は強さや弾力を保持しているのです。

皮下組織は脂肪を蓄え、エネルギーの貯蓄、体温の調整の役割を持ちます。

厚さは約2mm程度だそうです。


ターンオーバーの仕組みは?

ターンオーバーとは肌の組織が入れ替わること、肌の生まれ変わりを意味します。

表皮は4つの層に分かれています。

表皮細胞はその最も深い層である基底層で生まれ、28日かけて角化、角質細胞になり、垢としてはがれていきます。

この仕組みにより、表皮に生じた傷やシミは痕にならずに消えていきます。

このターンオーバーの力を活かし、スキンケアに取り組むようにしましょう。

お肌っを若々しくさせる方法

内側から肌を守ること。

肌に悪い刺激から防御すること。

皮膚が受けるダメージで、もっとも大きいのが紫外線ですね。

表皮の最下部にあるメラノサイト(細胞)では、紫外線から皮膚を守るためメラニンを作り出し、日光障害や悪性腫瘍から皮膚を防御しています。

しかし、これが繰り返されるとメラニンがためこまれます。

紫外線の強い場所に長時間いる場合は、帽子や日傘を使って防御しましょう。

また、メラニンは、活性酸素の吸収なども行っているため、タバコ、科学物質(大気汚染、食品添加物)などの刺激によっても表皮はダメージを受けます。

・紫外線から皮膚を守る
・喫煙をやめる
・ビタミンなどの栄養素を摂取する
・よい睡眠・休息を心がける


抗加齢が勧める肌に良い食材は?

ターンオーバーをうながし、ハリのための栄養を表皮は約28日で生まれ変わります。

ビタミンAには表皮の外側にある角質の脱落を促す作用があります。

ビタミンCは活性酸素を取り除き、余計なメラニン色素を作り出さないようにするといわれています。

肌に弾力をもたらしている真皮の主成分はコラーゲンです。

ハリのある美しい肌のためには、コラーゲン補給も重要です。

真皮は表皮の下にあるので、コラーゲンは皮膚表面から化粧品などで補強するより食事で摂取する方が効果的です。

さらにコラーゲンはビタミンCとセットでなければ生成・吸収されないので、ビタミンCも摂りましょう、

ビタミンB郡やビタミンEも肌の老化を遅らせ、再生を促します。

ビタミンA
皮膚をはじめ、さまざまな組織の上皮組織の分化(新しくなること)に働きます。

また肌の潤いも保ちます。

鶏レバー、豚レバー、あんこうの肝、うなぎ、などにビタミンAが多く含まれています。

また緑黄色野菜に含まれるβカロチンは、体内でも必要量だけビタミンAにかわります。

ビタミンB郡

ビタミンB2は肌荒れを防ぎ、B6はタンパク質と脂質の代謝を助けて表皮のターンオーバーを促します。

ビオチンは、皮膚や髪の健康を維持します。

ビタミンB2の多い食品は、牛乳、レバー、卵、葉野菜、ビタミンB6はかつお、まぐろ、バナナに多く含まれています。

ビタミンC

メラニン色素の沈着を防ぎ、コラーゲンの生成を助けます。

喫煙はビタミンCを破壊するので注意が必要です。

ビタミンCは、水溶性で熱を加えると壊れてしまうので、加熱時間はできるだけ短くしましょう。

生で食べる果物や野菜は、ビタミンCを無駄なく摂取できますが、そう大量に食べられません。

熱を通すなら、さっとゆでるか炒めると良いでしょう。
赤パブリ、菜の花、いちご、みかん、柿、キウイ、カリフラワー、などに多く含まれています。

ビタミンE

細胞が新しく生まれ変わる際に必要なビタミンEは、活性酸素が過酸化脂質を生成するのを抑え、老化を防ぐといわれています。
アーモンド、ヘーゼルナッツ、アボカド、ごま、緑黄色野菜に多く含まれています。

大豆食物・味噌

大豆に含まれるフラボノイドの一種であるイソフラボンは、体内に入ると女性ホルモンのエストロゲンと似た働きをします。

また大豆はビタミンB2も多く含みます。

味噌を発酵させる麹酸にもメラニン色素をおさえて肌を白くする効果があり、味噌の発酵過程で生まれる遊離リノール酸にも美白効果があります。

まとめ

肌の美しさを保つにはビタミンを食事から取ることが大切ですね。

いつまでも若く美しい肌を保ちたいですね。

オリゴ糖は腸の善玉菌を増やし腸内環境を整える

オリゴ糖と聞いて、名前は知っていても、どんな栄養素があり、どん効果があるのか知らない人が多いと思います。

オリゴ糖の働きがわかってから、日常の食卓に食品(甘味料)として登場してから、それほど年数がたっていないからかも知れませんね。

オリゴ糖は、腸内環境を整えてくれる働きがあるのです。

腸内の善玉菌である、ビフィズス菌の栄養素となり善玉菌を増やしてくれるのです。

それでは、オリゴ糖とはどんなものか?

どんな働きがあるのか調べてみました。

オリゴ糖とは

簡単に説明すると、オリゴ糖は糖質の一種です。

ブドウ糖や果糖などのように分子構造的にこれ以上分解されない最小単位の糖を「単糖」といいますが、単糖が数千ないし数百万分子結合しているものが多糖類です。

それ以上小さくなれない単糖類が2~20個結びついてできているのがオリゴ糖です。

主な単糖類には、グルコース(ブドウ糖)、フルクートス(果糖)、ガラクトースなどがあります。

オリゴ糖の種類

フラクトオリゴ糖
アスパラガス、にんにく、ねぎ、玉ねぎ、ごぼう、大豆などに多く含まれています。
ショ糖に1~3個の果糖が結合したものです。
腸内のビフィズス菌の増殖を促進し、便秘、高脂血症の改善のほか、血糖値抑制などの作用があります。
肥満や動脈硬化の予防につながる低カロリー甘味です。

イソマルトオリゴ糖
蜂蜜に含まれるオリゴ糖の一種で、酵母ではっ酵しないため、非はっ酵性糖といわれています。
味噌、醤油、蜂蜜などに多く含まれ、甘味のほかに食品に旨味やコクを与えます。
防腐性によって食品の保存性を高めます。
腸内有用菌の活性化によって免疫力の増強、防腐作用、便通、下痢の改善などの効果があります。

大豆オリゴ糖
味噌、醤油などの大豆製品に含まれる多種少糖類の総称で、大豆たんぱく質を利用したあとの残りかすから作られます。
人の消化酵素では分解されにくいため、カロリーは砂糖の半分程度です。
ビフィズス菌の増殖に伴う細菌叢改善、便性改善効果を発揮します。
ウエルシュ菌や大腸菌などの有害細菌にはほとんど利用されないという性質をもっています。
動脈硬化、がんの予防などの作用があります。

ガラクトオリゴ糖
乳糖をアルカリで処理してつくります。
腸内ビフィズス菌の増殖を促進し、便秘や下痢を改善してくれます。
また、タンパク質の消化吸収を助けて便秘や下痢の改善の効果が期待出来ます。
脂質代謝の改善、ミネラルの吸収を促進するなどの働きがあります。

乳果オリゴ糖
乳糖とショ糖に酵素を作用させて両者を結合したもので、ほとんど消化されません。
難消化性であるため、ダイエットに好適とされ、高脂血症や肥満を予防します。
また、ビフィズス菌の増殖能力が優れているうえ、有害菌に利用されることもないので、腸内腐敗や便秘の改善に有用であります。

キシロオリゴ糖
食物繊維に加水分解酵素を作用させて作る難消化性のオリゴ糖で、飲料、お菓子、乳製品、健康食品などに用いられています。
腸内細菌叢改善による整腸作用、血清コレステロール低下作用、ミネラル吸収促進効果などが期待されています。


オリゴ糖の働き

オリゴ糖は、胃腸を通って大腸まで達し、大腸に達したオリゴ糖は、腸内の善玉菌であるビフィズス菌の栄養素となり善玉菌を増やしてくれるのです。

それにより、腸内環境が整います。

しかし、ビフィズス菌は食物繊維やオリゴ糖が足りないと、とたんに減少してしまうのです。

それには、オリゴ糖を含む食品や市販のオリゴ糖甘味料から摂取するよに心がかないといけないですね。


オリゴ糖を含む食品

玉ねぎ・にんにく・バナナ・リンゴ・はちみつ・大豆食品(味噌、豆乳など)に多く含まれています。

他にも、テーブルシュガー、清涼飲料水、キャンディー、ビスケット、プリン、ヨーグルトなどがあります。

オリゴ糖の1日の摂取量の目安は、成人で3~5gほどです。

たとえば、バナナ1本には0.5gほど、玉ねぎ半分には3g弱含まれています。

いろんな食品から取るのがいいですね。

食品から取れない場合は、市販のオリゴ糖甘味料を活用してもいいと思います。

甘味が強いのに反してカロリーが半分くらいなので、ダイエットにはぴったりですね。

まとめ

便秘の改善やダイエットにはオリゴ糖は効果があるようですね。

腸内の善玉菌を増やしてくれるのは、すごくうれしいです。

お腹の具合が悪いってこと、よくありますよね。

少しでも腸の調子が良くなるだけでもいいと思います.

美容のためには重要な毛穴対策の最新情報です

最近では、お肌の対策が気になるのは、女性ばかりでないようで、男性も気になる人が増えているようですね。

とくに毛穴は目につくので、気になりますよね。

肌には傷付きやすい皮膚を守るためや体温調整のために、分泌される汗と皮脂があります。

このうちの皮脂が出す穴が毛穴ということですね。

「年をとって毛穴が増えた」と言う人がいますが、それは大きな間違いなのです。

毛穴の数というのは、生まれたときから決まっていますので、基本的に増えることはないそうです。

では、どうしたらスベスベ美肌を取り戻すことができるのでしょうか?

ためしてガッテン参照

毛穴そのものの大きさは変わらない

毛穴が目立つ人と、毛穴が目立たない人の違いです。

毛穴が気になるという人の多くは、肌のきれいな人に比べる「自分の毛穴は大きいからが目立つ」と思っていますよね。

そこで、20~40歳代の女性の顔の毛穴を分析した結果です。

目立つ毛穴の数は40歳代の女性で平均576個です。

20歳代では毛穴が目立たない人が平均90個。

目立つ人は平均273個と年齢差や個人差があるみたいです。

次に実際の大きさを計測しました。

すると、目立つ毛穴と目立たない毛穴では大きさ自体には違いがないことがわかりました。

なぜ、大きさは変わらないのに見た目が違うのでしょうか?

それは、毛穴の回りの組織がクレーター状に広がっているからです。

毛穴周囲の細胞を増殖させる、オレイン酸を生成する皮膚常在菌

クレーター状になった目立つ毛穴の周辺を電子顕微鏡で観察します。

すると、細胞の核が数多く見つかります。

この、クレーターは毛穴の周囲の細胞が異常増殖し盛り上がって出来たものなんです。

なぜ、このようなことが起きたのでしょう?

研究者による、細胞が異常増殖している人の皮脂にはオレイン酸が多く含まれているそうです。

(オレイン酸:動物性脂肪や植物油に多く含まれている脂肪酸)

オレイン酸を作っているのは、「皮膚常在菌」なのです。

この常在菌は、誰の顔にもいるのです。

この常在菌が皮膚を分解するときにオレイン酸が生成されるのです。

すると、細胞のすき間にオレイン酸が入り込み、その刺激で細胞の異常増殖が起きると考えられています。



毛穴を目立たなくするワザ

毛穴が気になると、肌をこするような洗顔や皮脂の押し出しといったハードなケアをしてしまいがちです。

ところが、専門家によると細胞の異常増殖でできたクレーターをもとの戻すのは、一般的なケアでは難しいといっています。

周囲の肌のキメを整えて、毛穴の見え方を改善する方法がおすすめです。

キメが細かく整うと光を反射して、光のベールがフワっと肌を包むので毛穴が目立たなくなるのです。

ポイントは2つあります

「やさしく洗顔」「すばやく保湿」です。

1.よく手を洗ってから洗顔料を泡立て始めます。

逆さにしても落ちないくらい、しっかりした泡を作ります。

2.泡をなでるように洗います。

手でこすると肌を痛めるので厳禁。

3.洗顔後、すぐに保湿をします。

乳液やクリームでふたをして、水分を保持します。

以上に気をつけて洗顔・保湿をして下さいね。



毛穴が詰まるのを抑え、ニキビの初期段階で治すようにする

毛穴のトラブルのもう一つはニキビですね。

思春期だけではなく、20歳以上になってからの「大人ニキビ」で悩む人も多いそうです。

皮脂や古い皮膚などが、毛穴をふさぎ、外へ出られなくなった皮脂がたまると、その中でニキビ菌が増殖してしまいます。

周囲に炎症を起こすと、嫌な痛いニキビとなってしまいます。

2008年に、ニキビの治療に画期的な新薬が登場しました。

この新薬アダパレンは炎症が起きる前の段階で毛穴が詰まるのを抑える効果があります。

重症化する前に治療できるので、傷が残りにくいといいます。

ニキビに悩む人にはうれしい薬ですね。

大人ニキビの場合は使い方には、注意しないと悪化する恐れがあるそうです。

乾燥が原因のひとつです

ニキビができると、取り除くことに目がいきがちですよね。

ところが、20歳以上の人の顔のあぶら量を調べると、ニキビがある人ない人で、その量はほとんど違いがないことが分かったそうです。

大人のニキビの原因は過剰な皮脂ではなく、ほかにあるということになります。

つまり、水分量が少ないということですね。

乾燥が大人ニキビの原因になるということです。

ニキビができると原因には、ほかにもありますが、皮脂を落とそうとするあまりに、がんばりすぎて、よけいに乾燥を招いているケースも少なくないみたいですね。

まとめ

乾燥肌ってすごく嫌ですね。

かゆくはなるし、かきすぎてしまい皮膚が痛くなるし、「やさしく洗顔」「やさしく保湿」で乾燥肌をふせいでくださいね。