ヒートテックはどうして暖かいの?

shirts-42525_960_720
冬の寒い季節には、寒さ対策にヒートテックを愛用している人は多いと思います。

着るのと着ないのでは暖かさが断然に違うと思います。

汗を外に出してくれるので、ぬれたりすることのない便利な下着です。

では、なぜ暖かくなるのでしょうか?

人間は何していなくても体全体から汗を出している

人は運動とかしなくても、1日に約0.8ℓもの汗を水蒸気として体全体から蒸発させているのです。

水蒸気は運動エネルギーを持っていて、これが繊維などに吸着(吸湿)すると熱を出します。

これが、吸着熱(吸湿熱)です。

水が蒸発する時に気化熱を奪うのと逆の作用です。

例えば、火災の時に水をかけるのはこの原理を利用して消化します。

ですので、どんな繊維も衣服も吸着熱作用を持っています。

では、どうして「ヒートテック」などの素材は暖かく感じるのでしょうか?


ヒートテックを着ると暖かくなるしくみ

発熱、保温、冷感、吸汗など、特別な性質を備えた衣類を「機能性衣類」と呼んでいます。

最近は、大手の衣料品メーカーだけでなく、大手のスーパーも独自のブランドを研究発表し販売にも力を入れています。

この「機能性衣類」の代表格である「ヒートテック」は、ユニクロと東レが共同開発し、さまざまな繊維や生地が組み合わされて、その特徴が活かされているのです。

レーヨンの優れた吸湿性

まず、肌に接する部分には、絹の肌触りのレーヨンが使用されています。

肌から放出された水蒸気はレーヨンの持つ優れた吸湿性によって水になります。

その際に凝縮熱が生まれて、繊維の温度が高くなるため、暖かさを感じるのです。

そして、レーヨンの外側にはアクリルが配されています。

細かく加工されて保湿性を高められたアクリル繊維は、体温や凝縮熱で温められた空気を保ちます。

さらに、アクリルの外側には異形断面を持つように改良され、速乾性を強化されたポリエステル繊維が配されており、汗をすぐに外へと運んで蒸発させるのです。


まとめ

あらゆるところで、人間の知能が活かされている感じがしますよね。

これからも、人の知恵で便利な世の中になっていってもらいたいですね。

期待したいですね。

アバター

投稿者: もりもり

もりもりです。 愛妻、子供、愛猫一匹。 健康や芸能、雑学ブログを書いています。 宇宙や超能力など、 不思議なことが大好き! お金はないけど、 ちょっとの幸せを感じながら、 平凡な毎日を送っています。 これからもよろしくお願いします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください