はいだしょうこ歌のお姉さんの過酷な日々!天然な性格エピソード!旦那さんは?

default_48f9d96fa25a31009200f9965a8b3aa6
歌手でタレントのはいだしょうこ(37)さんがNHK「真田丸」(日曜後8・00)に茶々(竹内結子)さんの妹・初役で出演するそうです。

これからは、本格的に女優業へと進むのでしようか!

はいだしょうこさんといえば、NHKの子供番組『おかあさんといっしょ』の19代目の歌のお姉さんとして有名で

知っている人も多いと思います。

歌の才能もあり、表情も明るくて子どもにすごく親しまれていました。

笑顔が素敵な歌のお姉さんです。

30後半という年齢ですが、相変らず可愛らしい雰囲気を持っています。

おばあちゃんになっても全然変わらないでしょうね。

しかし、歌のお姉さん時代には、知られざる過酷な日々があったのです。

歌のお姉さんの知られざる過酷な日々とは?

天然キャラな性格のエピソードは?

旦那さんはどんな人なの?


歌のお姉さん知られざる過酷な日々とは?

ある番組で、歌のお姉さんの現役時代の知られざるエピソードを明かしています。

NHKの子供番組『おかあさんといっしょ』では、いつも元気で明るくてすごく楽しそうに子どもたちと遊んでいるイメージしかないですね!

しかし、その裏ではすごく過酷な日々を送っていたのです。

歌のお姉さんになるために、倍率600倍という難関をくぐりぬけてきました。

念願かない、歌のお姉さんになります。

しかし、実際は今まで自分が見てきたのとは違って、最初からすごく大変な日々を送ります。

なんと、最初の3カ月で1000曲もの歌を覚えなけらばならなかったそうです。

3ヶ月で1000曲ってパニックになりそうですよね。

裏では大変な苦労があるんですね!

それでなくても歌のお姉さんには恋愛禁止とかいろんな禁止事項があるのにって同情しますね。

はいだしょうこさんは「1日10曲から12曲レッスンがあって、覚えて…」と話しています。

放送までの練習の日々を明かしています。

さらに、放送開始後のスケジュールもすごくハードだったそうで、

一週間のスケジュールは、「月、火、水が収録。木曜日が次の週のリハーサル。金曜日が歌の録。土日で地方に、(おかあさんといっしょ)のコンサートに行く」と、一週間休みがないというスケジュールだったのです。

はいだしょうこさんがうたのおねえさんとして活躍は、2003年から2008年の5年間です。

ということは5年間、休むことなくこの過酷な生活を続けていたんです。

休みなく仕事!仕事って!!

なぜ、余裕を持って番組が作れないのって思いませんか?

過酷な仕事で身体を壊さないように「薬まみれの生活」を送っていたと告白されています。

その薬ってなに?

まさかって思ってしまいました。

「薬まみれって」って言葉を使い変な想像をさせるところが、はいだしょうこさんらしい天然キャラですね!

なんの薬かは言われていないです…

まあ、身体に良い自然食品や栄養剤なんでしょう。

歌のお姉さんは私生活でも苦労する!

体調不良で病院に行ったとき、子どもから「うたのお姉さんだ!!」って言われたそうです。

吐きそうで死にそうになっていたけど、

笑顔で「あ、こんにちは」て愛想をふりまいていたそうです。

いやー!

大変ですね。

外では、うっかりと憂うつな顔は見せれないですね!

はいだしょうこさん天然キャラのエピソード集

しょうこさんには数々の天然キャラのエピソードがあります。

少しだけ載せてみます。

・21歳の時に勇気を出して初めて行った場所が郵便局だそうです。

21歳で、郵便局に勇気を出していくっていうのがしょうこさんらしいですね。

宝塚時代のことです。

母親に速達を出すために郵便局へ行ったが、速達の出し方が分からないので郵便局を出て近くの知り合いのお店へ行き、「速達を出したいんですけど、どうしたらいいですか?」と質問したそうです。

なぜ郵便局まで行って、そこでで聞かないのって思いますよね。

・はいだしょうこさんの絵がすごく怖い~って評判。

はいだしょうこさんの絵描き歌の放送があり、「スプーのえかきうた騒動」と呼ばれるほどの事件だったようです。

はいだしょうこさんの描かれたスプーは、後にAA(アスキーアート)にもなるほど有名になります。

両親には「人前で絵を見せることだけはするな」と釘を刺されていたほどですので、すごい「絵心の持ち主」だったのかな?

なぜ封印を解いてしまったの!

どんな絵なんでしょうか?

にても似つかない絵を描いています。

個性的というか、下手な絵というか、どう説明したらいいのか困ってしまいます。

はいだしょうこさんの絵

・うたのおねえさんの発表会見でNHKに行くとき、タクシーの運転手に「うたのおねえさんまで」と行き先を告げる。

その記者会見にて今後の目標についての質問に対し「世界平和」と一言。

裏表のない性格なんでしょうね。

・魚のスズキを「ササキ」と呼ぶ。

・好きなサッカー選手を聞かれ「新庄」と答えた。

すごくエリートなだけに、あまりのギャップに同じ人間とは思えないですね!


旦那はどんな人なの?

旦那さんは、はいだしょうこさんよりも2歳年上です。

一般男性ということで、詳しい情報はないですね。

旦那さんとは10年以上前からの知り合いで、もともと友人だったそうです。

何かあるたびに話を聞いてもらったり、相談に乗ってもらったりしていたそうです。

結婚する1年前くらいから旦那さんのことを好きなんだと気づいたそうです。

そして、食事中に好きな想いを告げたんだそうです。

10年前、友人関係があったので、気心が知れた仲だったんでしょうね。

きっと、はいだしょうこさんの天然な性格もよく知っているので、大きな包容力で包んでくれるでしょうね。

現在は、どんな家庭生活を送られているんでしょうね。

どんな会話を交わされたいるんでしょう?

一方通行な会話になっていないのか気になりますね。

はいだしょうこさんの両親や実家は?

お父さんは前国立音楽大学准教授で、現ミュージカルアカデミー ドリーム学院長、国際ディオ協会会員、

立川市地域文化振興財団評議委員の拝田正機(はいだ・せいき)さん。

お母さんは声楽家で、ミュージカルアカデミー ドリーム声楽コース講師の拝田由見子さん。

お父さんが国立音楽大学で准教授だったとき、お母さんの拝田由見子さんは国立音楽大学声楽科の学生で、父からピアノを教わっていたそうです。

在学中は2人きりになったことはないそうなので、プライベートな会話はなかったんでしょうね!

ピアノを通じての先生と生徒の関係だけだったようです。

2人とも真面目な性格ですね。

母の卒業見込みが発表された翌日に、父が電話をかけ、それから3ヶ月後に2人は結婚したそうです。

電話から結婚まで3ヶ月!

早いですね。

お互いにずっと前から、恋愛感情が芽生えていたんでしょうね。

しかし暗黙の了解で、卒業までって…

はいだしょうこさんの実家が以前テレビで紹介されていましたが、すごい豪邸でしたね。

3階建て以上あり、なんとエレベーターも付いています。

1階はピアノの音楽教室用の部屋とバレエ教室用の部屋。

3階はリビング。

一度で良いから、そんな家に住みたいです。

はいだしょうこさんの動画

まとめ

素直な性格で、素晴らしい女性だと思います。

これからは女優として演技力を身につけて頑張ってほしいですね。

旦那さんの紹介もそのうちテレビであるのかもしれないですね。

投稿者: もりもり

もりもりです。 愛妻、子供、愛猫一匹。 健康や芸能、雑学ブログを書いています。 宇宙や超能力など、 不思議なことが大好き! お金はないけど、 ちょっとの幸せを感じながら、 平凡な毎日を送っています。 これからもよろしくお願いします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください